ロリコンの見分け方

批判がありそうだが、精度は高い方法。

 

ロリコンの被害や痴漢などの性犯罪にあった人に聞く。  

わざわざ「あの人はどうか」と聞かなくても

被害にあった事がある人に信頼されている場合、自ら

「あの人気を付けた方がいいよ」

と教えてくれる。

大抵当たる。 

 

 

私はロリコン被害や性犯罪はよくわからないが

モラハラ加害者や自己愛や統合失調症患者や人格障害者は見抜ける。 

 

 

被害者の勘は確かだ。

 

リーガル・ハイを観る

ちょっと前のドラマだが、リーガル・ハイを観た。

 

天才子役が母親と縁を切りたいと、弁護士の古美門に依頼する話がある。

古御門のパートナー弁護士黛は延々と

「親子なんだからわかりあえるはず」

みたいな説教を天才子役にするが、天才子役は激怒。

そこで古美門が言う。 

 

「12歳の子が母親と断絶しようとしている。

内心どれほどの苦悩を抱え、血を吐く思いをしているか君にわかるか?

二度と薄っぺらい台詞を吐くな」 

 

よくぞこの台詞を言ってくれました。 

12歳じゃなくても親を断絶するのはそれまで本当に血反吐をはく

思いをしなくてはならない。

 

「親子なんだからわかりあえる」

毒親育ちには本当に薄っぺらい言葉だ。 

 

古美門の台詞は名言としてよく紹介されるけど

この台詞はスルーされがちなので紹介。

知らない人に話しかけられる事

私が嫌いな事ベスト3に入る

「知らない人に話しかけられる」。

 

あいつらは一体なんなのだ。

 

道を聞かれ、スーパーやATMでしょうもない話をふられ、

ペットショップで犬の玩具見てると知らないジジイに話しかけられ(ペットショップの犬が可哀相的な話をふってきた)、

悩みでしかない。

姉と二人で外出すると話しかけられ率は倍増。

いちいち相手にしていられないので、話しかけられそうになるとダッシュで逃げる。

話しかけられても無視する。

いきなり話しかけてくる奴は私の経験上

・人格障害

・統合失調症

・痴ほう

・発達障害

・喋り出すと止まらないADHD(これが一番多い)

・不審者

・愚痴を言ったり他人に説教をしたいだけでそうしないと自分の精神が保てない不安定な奴

に該当する率が高いからである。

ちょっと考えてみてもいきなり知らない人に話しかけるような事をするか?

少なくとも私はしない。(目の前で落とし物や忘れ物をしていた人がいたら声かけるくらい) 

 

「知らない人に話しかけられるのが嫌」という悩み相談を見ると

「何が嫌なんですか!うらやましいくらいです」

「寂しい人ですね」

「嫌な世の中になった」

とか相談者を悪く言う奴がわんさか沸くが、

あれは一体なんだ?

危機管理能力が無いんじゃないの?

 

世の中はアレな人が意外と多いというのに。

いろいろと見抜けない人が多いんだな。

ロリコン犯罪者を見抜けない保護者も多いしな。

無理

被爆再現人形の騒ぎからこのネタを引っ張ってますが、

「被爆再現人形撤去反対!」

の声が多くてついつい書いてしまう。

 

色んな人が

「いろんな人に聞きましたが被爆再現人形の撤去賛成の人に会ったことはありません。そんな人は一人もいません」

と言っているが

何故私に聞きに来ないのだ。

一から説明するのに。

 

やはり資料館に

「撤去賛成です!英断です!」

と激励のメールを送ったほうが良いのか。

 

なんか、「撤去賛成って言ってはいけない」みたいな空気があるよな。 

 

よく平和教育で

「どうやって原爆の怖さを伝えていくか」

が私の子供の頃から既に問題になってるんだが、無茶ぶりだ。

「実際に体験したことのある人にしか、絶対にわからない」

と思う。

 申し訳ないが「原爆の怖さを被爆者と同じように理解しろ」というのは不可能だと思う。

知識として身につけるしかない。

 

 

そんな中、どうやって原爆の怖さを伝えるか、ということに必死になり、

子供に無理矢理、グロ画像やグロ動画を見せて恐怖を与えるのはいかがなものか。  

(人形撤去したらこれからは子供にVRで見せろというバカもいたな。

無理矢理怖さを理解させるためにVRなんて論外)

何度も言うがグロ耐性は人によって違う。 

 

「当時はショックを受けましたがトラウマにはなりませんでした。

だから皆も見るべきだと思います」

とかいう奴等が多くてうんざりする。

なんで強制するんだよ。 

耐性の無い子に対する気遣いが全くなっていない。

「私は大丈夫だから目を背けずに見ろ」

と全く気遣いが出来ない大人だ。 

 

 

私は上から目線で「目を背けずに見ろ」という人々より

よっぽどグロ耐性がある方だと思いますが

(学校の図書室に山ほどあった戦争や原爆の写真集を制覇したのは当時私くらいだろう)

いわゆる平和教育で大変な目にあってきた子も山ほどみた。

凄く可哀相だった。 

 

んで撤去賛成の被爆者の方まで叩いている奴がいるがひどいな。

似非平和教育

最近は日教組先生がおこなっていた平和教育という名の虐待について書いているが、

実際に私がやられたり隣のクラスや近隣の学校の子たちから聞いた狂った教育を書いてみる。

 

  

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1344.html

ここにもちらっと書いたので参考までに。 

 

 前提ルールとしては

「原爆に関する写真や映像は目を瞑ってはいけないしそらしてもいけない。泣いてもいけない。理由は被爆者に失礼だから。兎に角無表情を貫く事」

である。これを破ると先生に説教をくらう。

叩かれたりつねられたりする場合もある。  

 

 

・小1から原爆映画鑑賞(ピカドン・はだしのゲン)。絵本・被爆者の写真を見せられる。

1組は最前列というハズレ席。

ちなみに絵本は「むらさき色のピカ」とかいうタイトルで紫色が好きで絵の得意な子供が絵を描くのに紫色を多用していたが

先生にいつも悪い成績をつけられるので先生を問い詰めたら

「先生は原爆にあっていてその時の光が紫だったから紫色が嫌い」

とか先生が答えるという、正直いかがなものかという内容。 

 あとは「おこりじぞう」とか。 

 

・原爆投下日は登校日。体育館で原爆映画を見せられる。

目を瞑ってはいけないと言われ、目をそらした子は教師に激怒されたり叩かれたりつねられたりする。

(⚪⚪ちゃんが目を瞑ってました~などと生徒同士でチクらせるシステムもある。これはいじめにも利用されていた)

目の悪い子は眼鏡をこっそり外そうとするが即教師に見つけられ説教をくらう。

「夾竹桃の歌」と「ああ許すまじ原爆を」を合唱。

その後感想文を書かされるが先生の気に入らない感想を書いた子はリテイクをくらい、かつ枚数を加算される   

 

・夏休み前に被爆者の写真を廊下にベタベタ貼り付け

「昼休み間にちゃんと見るように」

と言われる。

見に行かない子はこっそりチェックされ説教をくらう。  

 

・遠足も社会見学も全部平和記念資料館。

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

↑見学はこんな感じ。

ちなみに見学後が弁当という、無茶苦茶なスケジュール。

そして

「被爆者は水を飲めなかったんだから、弁当を食べる時も平和祈念公園では水やお茶を飲んではいけない」

という謎ルールを押し付けられるクラスもある。

なので生徒は帰りのバスでガバガバお茶を飲み始める。

(別のクラスがこれやられてたがマジで可哀相だったわ…)  

 

 

そういえばいじめっ子がいじめられっ子に

被爆者の写真が載っている本を見せて追いかけ回し泣かせるという事があった。

先生にチクったら両方の子が怒られていた。

いじめられっ子が怒られた理由は被爆者の写真で泣いたことがいけないらしい。

バカかと。

  

 

日教組先生の平和教育がおかしいのは当然だが、

核兵器反対とか原爆に関する教育は日本じゃなくて核保有国にしなきゃ意味がないんじゃないの?

ダウンタウンの松ちゃんが言ってたように被害者が被害者に「あやまちは、あやまちは」って伝えていっても無理がある。

アメリカに言わなきゃ意味がない。

 

日教組先生が自己満足やエゴのために

似非平和教育で何年も私たちの時間を無駄にした事は絶対に許さない。 

こんな狂った教育、知らない人は都市伝説くらいに思ってるらしいけど

全部あった事です。 

 

「自分も公立だったけど、こんなのなかった。嘘じゃないの」

と言う人もいますが、日教組先生の吹きだまりみたいな学校(要するに飛ばされた)はこんなもんですよ。

学校によって差があります。

今なら親が学校に乗り込んでくる事案だが、親ですら

「原爆に関する教育は仕方がない」

「戦争の残酷さを知る必要がある」

って考えだから(しかも団塊世代だし)、狂った教育が当たり前だったんだよな。

 

命の大切さを教えるとやらで豚を飼って可愛がり最後は皆で食べるというやつも馬鹿教師のエゴだ。

 あれは胸糞。誰だよあれ考えた馬鹿は。

 

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR