アスペと暴言

発達障害者の暴言について調べてたらこんな記事が。

多分当事者が書いたのだと思われる。

 

「アスペの人が暴言を吐いても個性からくる行動なので冷静に受け止めてほしい」

「『死ね』などといわれても『生まれ変わるように努力するから』と切り返してほしい」

「暴言は成長のチャンスだと思ってほしい」

「自分が暴言を吐きまくったおかげで嘘が暴かれた」

 

…すごい意見だな…とんでもないよこれは。

一般人からすると

ふざけるな

だよなあ。

 

「アスペルガーに理解を!」

って意見も多いけど

カサンドラ症候群にも理解が欲しい。

 

家族がアスペでカサンドラ症候群の人は

早く逃げた方が良いと個人的には思う。

 

アスペの人は自分を理解しろ理解しろと言う割に、

相手の事は全く理解しようとしないから始末に悪い事が多い。

早く帰りたいとか

仕事が忙しく早く帰れなくて、

奥さん(※共働き)に家事育児任せっきりで

「忙しいから子供がなつかなくて、男はつらいよー」

とか言ってる男性が多い。

 

上記の台詞を吐きながら

漫喫寄ったりコンビニ寄って長時間立ち読みしてる男が多いけど

早く帰ってやれよ。 

 

結局こいつら、家に子供がいると落ち着かないからって家事育児から逃げてるだけじゃないの?

 

18時半頃仕事でコンビニにコピー行ったら

雑誌のコーナーが20代後半~40代の立ち読みの男が大量に居てびっくりした。 

  

 

団塊は何故自ら名乗らないのか

団塊は脱脂粉乳のせいで頭をやられてバカなのか、

もしくはまともな教育を受けていないせいなのかわからないが、

兎に角社会人として全くなっていない。

 

 

元母親の友人や知り合いにも多かった。

いきなりアポ無し突撃。インターホンがなる

私がでる

初対面の知らないババアがいきなり「お母さんいる?」 

つーか誰だよお前、である。 

団塊はまず自ら名乗る事を知らないのか?

普通は

「●●ですけど、お母さんいらっしゃいますか?」

だろ。そもそも何で初対面相手にタメ口なんだよ。

年下ならタメ口聞いてもいいと思っているバカな団塊が多すぎる。

そのまま元母親にとりつげば

と元母親にギャーギャー言われ(誰かわからないとか言うなとか言われる)、かといって

「どちら様ですか?」

等と言えば

見知らぬババアは不機嫌になり、元母親は失礼な事を言うなとキレる。

 

一体どうしろと言うのだ?   

  

団塊はレクター博士に食われる対象が多いな。

 

 

うわあ…ひくわ

怖い話や妖怪が好きでその手のイベントは全てチェックしている。

現在都内某場所で関西と関東の合同妖怪イベントを行っている模様。

 

羨ましいなあと思いつつ観ていた。 

 

…が、そこの出展者兼裏方らしき人(Twitterを見た感じリーダー補佐くらいの人?)が合同イベントをする相手方チームのグッズの作り方が違うだの

そのグッズに嫌悪感があるだのと呟いていた。 

(しかも検索にひっかからないようにイベント名を平仮名にしていた)

 

ドン引き。バカじゃないの? 

バンドで言うと、対バン相手をTwitterでdisるのと同じか。

やらねえよ普通。

これ、私がリーダーだったら叱り飛ばすわ。

合同イベントしている相手のチームの商品をクソミソに言うか?普通。

この人本当に社会人か?本当に出展者か?

こういう奴は間違いなく足を引っ張るぞ。

Twitterに挙げて恥をかかせたいのだろうか。

間違ってるならこっそり教えるとかもしくは放っておくとか(命に関わる訳じゃないし)出来ないもんかね。

うちのチームはそんなことないわフフン♪ってのがやりたいのか?

自分の方が知ってるし間違ってるなら教えてやらないと!ってわざわざ全員に公表し、間違えた赤の他人に恥をかかせる奴が増えたよなー。

オタクのTwitterは特に多い。

  

 

ヴィクトリア女王のフィンガーボールの話を思い出せよ。 

公式アカウントでやるかね…。

なんかイベントに対して幻滅したけどオタクってこんなやつが多いよね。  

少なくとも私はクソミソに言っていた裏方?の人のグッズはいらねえし、こういう人を補佐?におき、ツイートに対して全く注意をしないグループはいかがなものかと思った。

フォローフォロワー同士なら検索避けしてたとしても読めるよね?

イベントの内ゲバをいちいちツイートするバカは嫌。

黙っとけよ。

客側から見たら相当気分悪いぞこれ。 

 

 

ちなみに「作り方が違う!ちゃんと見て作れ」と言っていたそのグッズ、

資料が既にそうなっているものも沢山あるため(私が持ってる本も数冊そうなっていた⬅建築本含む)、

相手方チームの方々も全く調べていない訳ではなさそうでしたが。

この人が「違う!」って言ってる物の方が良かったりしたし。 

 

 

私は仕事で相手の会社がミスしたり間違えてたりしたら

こっそり指摘はするけど、

相手が如何に間違えてたかなんて、TwitterやSNSにさらしたりしませんけどねえ。 

 

ここには匿名で取引先の愚痴は書いたけど

どこどこの会社がどんなミスをしたかなんて絶対書かない。

こいつ、相当自己顕示欲の凄いバカだぞ。

 

…この人、他にもミスした人(誤字ツイートした客とか)に対してのツイートが上から目線で偉そうなんだよな。

こういう人がやるイベントって近隣でやってても行かない。

 

察してジジイ

地元には「察してジジイ」が多くて嫌になる。

 

郵便局に行けば

「俺は困ってるんだ!局員察しろ!」

と言わんばかりのオーラを撒き散らしながら局員の回りをうろうろし、自分からは声をかけない。

 

 

私も今日通販の仕事を受けていつも通り梱包し、発送したら

「プレゼントだったのにラッピングされてない!紙袋欲しかった」

とかおっさんに言われたけど

プレゼントの旨もラッピングの連絡も受けてない。

 

おっさんは何故自分から要望を言わずに相手に察してほしがるのか。

どこのモラ男だよ。

ガムテープ乞食

コンビニや郵便局で梱包を「途中まで」やったものを持ち込み、

ガムテープや梱包テープを店員さんや局員さんにタカるガムテープ乞食が多発しているらしい。 

 

メルカリ族に多いとか。

 

梱包テープくらい買えよ。 

 

あなただけ見えない

90年代に「あなただけ見えない」というドラマがあった。

東京ラブストーリーなんか見向きもしなかったが

これとか沙粧妙子とかは必死に観ていた。 

このドラマは三上博史さんが解離性同一性障害の役でそりゃもう巧かった。(明美の衝撃度)

これ以上の演技はあまり見たことがない。

 

登場人物が、ヒロイン含めまともな人は誰もいない状態なのだが、

今観ても秀逸なのが本木雅弘さんが演じる光彦の家族の狂いっぷり。

周囲の登場人物が濃すぎてあまり注目されないが、

光彦の家族はそりゃもう今観てもリアルな毒親。

一見仲が良さそうだがドロドロで、兄弟で差をつけたり。

 

 

このドラマ、色々激しいからDVD化されていないのだが

是非やってほしい。

 

ミュージシャン

バンドも音楽もすごい好きだけど

ミュージシャンはなぜかパヨクが多いので(特に40代以降のミュージシャンは見ていられない)そこはゲンナリします。  

  

 

ジョン・レノンの影響でしょうか。

 

ドヤ顔で政治を語り始めても法案を読んでいないのがバレバレで

がっかりします。

しかも「ミュージシャンだけど政治を語っちゃう俺」に酔っている空気が出てると最悪です。

語る前に法案の原文を一度くらい読めばいいものを、

共産系が異訳したものしか読んでいないのがわかります。

歌詞は書くのに文章が読めないのだろうか。

 

反体制を勘違いしていないか。 

 

そういえばパヨクは安保法制の時

「戦争法案!徴兵制が始まる!」

と叫んでいたけど、徴兵制はいつからですか。

 

 

何か変だと思ったら

実名は挙げない、面倒くさいから。 

 

私は昔はこの人の本を山ほど読んでいた。

…が、最近言動がおかしい。

 

胡散臭い政治家に肩入れしたり、どう見ても頭がおかしい政党に肩入れしたりどうもおかしいと思っていたら

昔と変わらない発言をしたりと、意見が行ったり来たり。

 

んで、この人の言っていることを昔から全部整理してみると

1つの案件について賛成の意見を言った後に別の反対の意見を言ったりしている。

そしてその案件がある結果を出すと

「ほら、自分が昔言ってた通りだろう!」

とドヤ顔で語る。

自分が言った通りって、あなた両方の意見を言ってましたよね?

って思う。 

 

そして自分の意見と一致する人が現れるとその人を絶賛しまくるが、

少しでも自分の意見と違う意見をその人が言い始めると

「あいつはバカだ」

と今までの絶賛はなんだったのだ?というくらい、ボロクソに攻撃し始める。

総理の病気の揶揄はドン引きした。

 

なんか知ってるなあと思ったら単なる自己愛。  

とてもじゃないが老害っぷりは見ていられない。

 

 

クレイジージャーニーに出てた囲碁の人

以前クレイジージャーニーで、藤沢秀行という天才囲碁棋士が紹介された。 

囲碁に関してだけは天才だが愛人が何人もいて、子供もあちこちに作り、

アル中でギャンブル狂で借金まみれ。

泥酔しては4文字放送禁止用語(下ネタ)しか連呼しなくなる。 

風呂上がりには奥さんに体を拭いてもらい服を着せてもらう。

服も奥さんが選んでやり、外出して寒かったりしたら

「俺にこんなもんを着せやがって!」

と怒鳴りまくる。

困った時には奥さんに泣きつくが奥さんにお礼を言ったことは生涯なく、唯一奥さんにあげたプレゼントが「戒名」という、奥さまがひたすら我慢強い話。 

 

 

こういう人の話が出てくると

「かっこいい!」

「男が憧れる生き方!」

「これくらい強い嫁さんが欲しい!」

という男がわんさか溢れてくる。

やりたい放題無責任にやって尻拭いを全部奥さんにさせるのが、

「男が憧れる生き方」とかマジで気持ち悪い。

頭大丈夫か。 

 

私は小池栄子さんと全く同じタイミングで

「はあ~っ!?

って言ったわ。

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
306位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR