モラハラサイトで見た話

どこかのモラハラサイトで見たが
「⚫⚫(店の名前)行こうかな」
と言うとその店を貶しまくる男がいるらしい。

あー、わかるそれ。
元親父もこれだった。


「あの店はこういう傾向だから、▲▲の店の方があうと思うよ」
とかならわかるのだが
「⚫⚫は嫌いだ!」
と頭から言い切るアレはなんなんだろうか。



ただのマウンティングじゃん。
元親父もそうだが、これ言う奴は⚫⚫に親でも殺されたのか?


これ言う奴、結構いるけど
彼氏とか旦那に選んじゃダメですよ。

趣味貶されるだけだから。


少なくとも私の人生にはこういう人は必要ないです。


アホアホな親たちへ

子供を放置してライブ行ったり夜遊びしたり飲み歩いたり男と遊びまくる親とか
離婚したいくせに避妊もせずに性交渉して
子供出来ちゃってずるずる結婚生活続けて子供に当たり散らす親とか
仕事優先し過ぎて子供放置する親とか
どうしようもない親がたくさんいるけど
年取って必ず子供にそれ相応の仕打ちや仕返しを絶対にくらうから
せいぜい気をつけてね。



因果応報だから。

毒親育ち

私も毒親育ちらしく、ちょっとした事で心が闇まみれになり
(一番多いのが「何で私が八つ当りorナメたことされなきゃならんのだ」パターン)
人生で腹のたつ奴ランキングとかやり始める(byサイバラ先生。サイバラ先生は暇なときにやるらしい。ただし私の場合どんなに忙しくともやる。むしろ仕事がはかどる)。


闇まみれになっていると大抵大きなお仕事をいただけたりする。
先ほどもとても嬉しいお仕事をいただいた。
またひとつ夢が叶いそうだ。



したくない経験も山ほどあったが
普通じゃ経験も出来ないであろう嬉しいことも山ほどあった。


したくない経験も山ほどあったので
「うめぢるさんばっかりズルい」
とか言われても知るかボケ。(人生で結構言われた台詞。ただし恋愛面では無い)


ちなみに南海キャンディーズの山里さんの気持ちがよくわかる。

実家住み無職の親殺し

「実家住み・無職の息子が両親をさす」

みたいな事件があると

「これだから無職は」

「無職で実家でパラサイトとか親も大変」

と言われることがあるけど

「あたしたちの面倒を見るために実家にいろ」

「高給のいい仕事じゃないと許さない!でも家から通える範囲で!

私たちの都合(※行く必要のない程度の冠婚葬祭や病院や買い物の送り迎え等)で休める会社にして!

等といい続ける親もいるので(その結果子供が成人後に病み、体力も精神力も無くなり逃げることも出来なくなる)

一概になんとも言えない。

 

 

子供による親殺しは根っこは親に原因があると

個人的には思う。

 (もしくは統合失調症)

 

個人的には(しつこい)子供による親殺しは

子供側に同情してしまう。 

 

 

私も家の中で動けば元親父に怒られ(騒いだとかではない)

走れば怒鳴られたり(危ないところではない)何かするたびに怒られていたので(悪いことをしたとかではない。元親父が被害妄想で「うめぢるが悪いことをする」と思い込んでいた模様)

ほぼ動かない子供になり運動能力も体力もなかった。

 

数百メートルの学校に通うことすら息切れしていた。

こんな体力じゃ逃げられない。

 

今はいくらでも歩けるけど。

上から目線のアホな説教をたれるアホの話

「毒親に悩んでいることを友人や知り合いに告げると

『あなたが大人にならなきゃ』等と言われてしまい反抗期の延長戦上なものと思われる」

という意見をよく見るが、こういう上から目線の奴に限って何ら苦労もしていない、精神的に自立していない奴が多いのは何故なのか。 

 (苦労人にもこんな台詞を吐く奴がいるが、これは自分の経験から何にも学んでいないただの苦労好きなバカ) 

 

毒親問題はリアル世界の人間にあまり話さない方がいいことが多い。

完全に抜けきれていると

「相手が信用に値する人間か」がなんとなくわかるんだが、

抜けきれていない場合は自分も見る目が出来ていない為、相手が信用に値しない人間が多いので話さない方が無難。

  

こんな台詞をいう奴らに対しては

「フ…早くここまで上がってこい…」

みたいな気持ちでいる方がいい。

どうせこいつら、アホな夫とか嫁とか子供の問題とか、介護とか嫁姑問題とか、遺産で泥沼とか

義実家の嫁同士の問題とか

今からクリアすべき問題は今から山ほど襲ってくるのだ。

 

私はその心配はない。ざまあw 

 

あ、そうそう。

正月に実家に帰るべきかどうか悩んでる方。

別に帰らなくていいですよ。

一人の年末年始はそりゃ贅沢な時間ですよ。

結婚してる人は今のご家族で過ごせば良いのです。

いわゆる「少数派」の方々へ

個人的に思うこと。

身体障害者の方々や精神障害者の方々、LGBTの方々や虐待被害者の方々、

いわゆる「少数派」の人たちの中には

「自分たちを知ってほしい!」

「差別は止めて!」

と声高に叫ぶ人々がいますが、

まず「少数派」でも受け入れてくれている数少ない回りの人たちを大事にして付き合っていく方が早いと思いますし幸せだと思います。

そこから少しずつ広げれば良いし、広げたくなければ広げなきゃいいし。 

 わからない人に無理矢理わからせようとしてもムダだし

「他人」にわかるはずもない。

(私も未治療の統合失調症患者や迷惑行為をするADHDとか大嫌いです。少数派だからと言って好き放題してるやつも差別的に見てます)

 

私はいわゆる少数派ですが(ここには書かない。他人に知ってほしい訳でもないし)

そんな他人に対して押し付けがましいことはしたくない。 

 

声高に叫ばなければいけない時もあるけど

あんまり叫びすぎて自分の気持ちばかり押しつけるのは

余計にうざがられます。

 

「言わなかったら私の気持ちはどうなるの?」

知らんがな、です。

 

他人はそんなに暇じゃない。

自分でメンタル強くするしかないです。

リーガル・ハイを観る

ちょっと前のドラマだが、リーガル・ハイを観た。

 

天才子役が母親と縁を切りたいと、弁護士の古美門に依頼する話がある。

古御門のパートナー弁護士黛は延々と

「親子なんだからわかりあえるはず」

みたいな説教を天才子役にするが、天才子役は激怒。

そこで古美門が言う。 

 

「12歳の子が母親と断絶しようとしている。

内心どれほどの苦悩を抱え、血を吐く思いをしているか君にわかるか?

二度と薄っぺらい台詞を吐くな」 

 

よくぞこの台詞を言ってくれました。 

12歳じゃなくても親を断絶するのはそれまで本当に血反吐をはく

思いをしなくてはならない。

 

「親子なんだからわかりあえる」

毒親育ちには本当に薄っぺらい言葉だ。 

 

古美門の台詞は名言としてよく紹介されるけど

この台詞はスルーされがちなので紹介。

死後の世界

「死んだときは一番可愛がってくれた(&一番好きな)、先に亡くなった身内がお迎えにきてくれる」

みたいな事を江原さんがおっしゃっていたが

お迎えにきてほしい身内がいねえ(笑)。

 

毒にお迎えに来てもらうくらいなら

浮遊霊や未浄化霊になってライブ巡りや観光地巡りやらするほうがマシだわ。

 

あ。犬は何匹かいるが、犬がお迎えに来てくれたら嬉しい。 

 

というか毒親や毒親戚は生きてる時も鬱陶しいが

亡くなったら亡くなったで、霊になってもしつこそうなので

(「馬鹿は死んでも直らない」状態)

神社の神主さんに強力な結界とかはってもらいたいな。

片方の話しか信じないアホの炙り出し

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1247.html

 

以前にもちらっと触れたが、

私は何か問題が起きたときに、周囲に特に根回しをせず、

「片方の話しか信じないアホの炙り出し」

をやることが多々ある。(場合によっては根回しするけど)

 

根回しをやる方が良いこともあるが、

片方の話しか信じないアホは

関わってもこの先の人生、面倒な事しかないので

ついでに炙り出してバッサリ縁を切ってしまおうという理由である。

 

 

片方の話しか聞かず突撃して来たり、文句を言ってくる正義厨には

「片方の話しか聞かずカッカして突撃ですか。バカですか。お帰りください」

で終わる。  

 

昔つき合いがあった人とか同級生とかでバッサリ縁を切った人々は

「え?何で無視するの?アタシタチ仲良かったじゃん!」

とか思ってそうだが(実際に言われたことあるし)

大抵がこの理由である。

「人を試すような事をするな」

と言われそうだが、こちらが大変な時に

何もわかっていない正義厨にガタガタ文句を言われるほど

迷惑きわまりないものはない。

 

毒親被害者あるある

自己啓発本や手帳本によくある

「人生の棚卸しをしよう!」

「自分年表を作ろう!」

が駄目。 

 

こんなことしてると余計凹んでくるわ。

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR