FC2ブログ

自己愛に育てられると

人格障害者に育てられると
別の人格障害者に付きまとわれやすくなる、と思う。

私についてだが
以下の人々に付きまとわれて非常に困った学生時代を送ってきた。
こんなやつらが多いのはきっと土地柄もあるんだと思う。


●保育所時代からの同級生幼なじみY
この女は自己愛だか境界性だかわからんが、他の同級生にはウケが非常に良いが
私には別の顔を見せる。
「他の子と仲良くしたら絶対に許さない」
と言い、物は投げるわ暴れるわ(小学校6年まで続いた)。
中学の時に越境入学だかでようやく別の学校に行き、ホッとしていたが
高校に上がると突然
「うめぢるちゃんと同じ高校になら行ける(?)」
と言いはじめ、私の通っていた通信制高校に転校してきた。
薄ら寒い物を感じ通信制の友人達に協力してもらい面舵いっぱいで逃げまくり安全はどうにか確保。

●小学校 5年生時代の同級生YY
この子の母親は男を連れ込んでは夜中に
YYを追い出していた。
私には「他の子と仲良くしたら死んでやる!」と言い歩道橋から飛び降りようとしたり校舎から飛び降りようとしたり、
境界性人格障害っぷりを発揮。上の幼なじみYと揉めたりしてその後は疎遠。

●小学校 3年からのMI
こいつはもう完全に自己愛。
近隣でも有名な金持ちの土地持ち。
やっぱり「他の子と仲良くしないで!」
。その割には私を仲間外れにしたりとそりゃもう大忙し。
何故か私と仲が良かった男友達を好きになる事が多く(知ってるだけで3人)
そのせいで被害も拡大する事が多い。
ちなみに好かれた男友達はストレス性急性胃腸炎になるほど付きまとわれエライ目にあっていた。
現在は親が買ってくれたマンションに男と居住。無職らしい(こいつのフレネミー情報)

●中学時代の YK
こいつはなんなのか全くわからんが
私が一番怖いなあと思った女。顔はウォーズマンにそっくりだが付き合った男は皆メロメロになり破滅した。
(その技術は是非とも知りたいもんだが)
異常に金に汚く、口癖は「一口頂戴」「一円貸して」「おごって」
周りは「うめぢるちゃんお金持ちだからいいじゃない。Yちゃん可哀想だよ~」
等と言っていたが
「そんなに可哀想ならあんたらが金出せば?」と言うと皆黙る。
25歳くらいに同窓会的な集まりで一緒に飲む羽目になったがやはり支払う前に途中で消えていた(笑)。
でも未だにこいつは「何かちょっとおかしいけどいい人」で通っている。
親世代には非常に危険人物として通っているらしいが(あの子とつきあうな!レベル)
同世代を「何かおかしいな?」と思わせつつ、あそこまで騙くらかせる人格障害っぷりは何だか凄い。が私はたかられるし怖いので付き合わない。そんでその後同窓会的なのも一切参加していない。キジマカナエっぷりが怖いもん。

●通信制時代の一つ上のRN
元芸能界にいただけあって美人。派手。
そしてネグレクトの被害者。
だが、男関係にだらしない。だらしなさ過ぎて怖い。
部活内は人類皆兄弟と化していた。
男共はメロメロになっては捨てられ、私は奴らの相談にも乗っていた(←ホントに私だけもてないな笑)。
がやはり関わるのが怖くなり私は逃亡した。
でもモテ技は横で見ていて結構勉強になった(笑)…実践は出来てないが。

●中学高校時代のU
こいつは15歳の時に25歳のリーマンと付き合っていた。
何故か周りは応援していたが殺人本を既に何冊も読んでいた私は密かに「相手の男、ロリコンじゃないのか?」と疑っていた。
その後私の男友達と付き合いはじめたが
親がかなり変で、デートで帰ってこないからうめぢるさんから電話して頂戴、とか言われた事がある。
その後男友達の宗教上の理由で別れ(この男もまあ突っ込みどころがあるが)、ストーカー行為。この頃私もUの親もうざいわ、ストーカー行為に呆れるわで結局離れた。

やけっぱちになったUは同級生と行き当たりばったりで出来ちゃった婚。
「相手の同級生はいい奴だから」と何故か仲間内では美談になっているが何だか怖い。

●小中学時代の男子生徒H
こいつは洒落にならん。女子生徒を殴り
「肋骨から変な音がしたぞ!もう一回殴ってみよう!」
とまた殴り肋骨にヒビいかせた。
男子生徒を裸にしたり、男子生徒の大事な部分を触りまくったり
その他もろもろ事件を起こしたが学校と親が揉み消し。
何故かこいつに異常に嫌われ付きまとわれ
後ろから殴られるわ、執拗な嫌がらせをしてくるわで大変。
その後、後一つ何かやったら鑑別所、ってな所で高校退学。何故か私の通う通信制にきた。
その後普通に同級生女子と結婚し子供もいるらしい。やはり世の中は怖いわ。


自己愛に育てられると災難も多いが
年をとると平和脳な人が気がつかないことも割と早めにわかる。

そして悪役になるのも割と平気になる。




にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

毛の話

えげつない話になるので
見たくない人は見ないで下さい。










私が思春期ちょい過ぎの頃の話。
ある日、縮れた毛が数本部屋の床に落ちていた。

すると元親父、突然キレはじめ
「こんなに毛が落ちているのは変だ!何をしてるんだあっ!」
と何故か私に怒り巻くってきた。

元親父は下の毛と思い込んでいるようだったがとんだ濡れ衣で、
それはどう見ても元親父自身の残り少ない縮れた天パの残骸(元親父は天パハゲ)。

「つーかそれ、あんたのじゃないの?」

と母親が言い放ち静かになった。

でも元親父は「下ネタも娘と言えちゃう仲良し家族♪」と脳内変換。

私はただ単純に不愉快だった。今より若かったし。


人気ブログランキングへ

元親父と車

元親父は車に対して異常な執着があった。

元親父は何と5年おきに新車を買っていた。(全部3ナンバー)

姉が初めて車を買う際も

「新車じゃないと許さない。軽の車なんてもってのほか」

等と訳のわからない理由で新車の普通車を契約させていた。
ちなみにその姉の車、元親父が乗り回していた。

車内での食事は不可、一時期は土足厳禁であった。(母の猛烈な反対により後に撤廃)
缶コーヒーやジュース類(紙コップ除く)はいいが(←自分が飲みたいから。元親父は缶コーヒー依存)
買った瞬間に汚い雑巾で皆の缶をフキフキ。
その雑巾でふくほうが、缶も車のジュース置き場も汚くなるんじゃないのか?と思っていたが、ツッコむの忘れた(笑)。

立体駐車場は不可、町中の100円パーキングも不可。(家族だけおろして止めないで自分が乗ってぐるぐる道路を回っている)
スーパーの駐車場は屋根つきの隅っこ。



自分の車は

「車が汚れるのが嫌」

と言い、一切出さない。
車にのらなさすぎてタイヤが朽ちて交換になった事もある(車いらねえじゃんよ)。

雨の日や曇りの日には必ず出さない。
そして出さなければいけなくなった状況に陥ると、まさに発狂。

雨の中、濡れ鼠で車の洗っていたらしい(母親談)。バカ丸出しである。

家族が病気でもなかなか出さない。
高熱が出ようがメニエルでめまいがしようが、

「自転車で病院にいけ」

と言い放つ。

自分の車を自分の仕事でも使うのが嫌だったらしく
母方の祖父の車を借りていたらしい。

駐車場が砂地なら止めないし、そこに行かない。

自分の車を人に貸すのはもってのほからしいが
人の車を触るのは大好き。


うちの家には駐車場があるので
親戚や知り合いとかがたまに「車置かして」と来ると
「あ、そうそう。動かさなきゃならない事があるから鍵置いといて」
と訳のわからない事を言い、鍵をあずかる。

そして車の持ち主が居なくなった隙に
元親父は動かす必要もないのに数10センチだけ勝手に車を動かすのだ。

こんな事をして
知り合いの買ったばかりの新車のドアも破壊した事がある。

そして「自称運転がうまい」との事だったが上手い下手を通り越して間抜けな所がある。凡ミスまみれ。

車がシャッターの下にあるのにシャッターをおろして車の天井を傷つけたり(コレ何度もやった)
明らかにそりゃ通れないだろ、てな所を通って
車のドアをこすりまくったり(←しかも塗り直しゃいいものを、数十万かけてドアごと交換しよった)。

あと車内に羽虫が入るとまさに発狂。
すかさず
「車の窓ガラスに虫を潰した時の液(?)が付着しないように殺せ」

という指示がでる。(窓を開けて虫を逃がすのは車内が汚れるのでダメらしい)

この技、私の得意技になりました。
今でも出来ます。家族で多分私だけ(笑)。ラストサムライと呼んでくれ。


最後は離婚して金無いのに、3ナンバーの車は売らずに持って行きました(笑)。
ちなみにその車に乗って生活保護の相談にも行ったそうな(もちろん蹴られた)。意味わからん。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村



DV・モラハラ ブログランキングへ

何故私が元親父のモラハラに気がついたか

話が飛びまくり申し訳ないが
私が元親父のモラハラに気がついた時の事を。

私は数年前、接客業を三年半していた。
1日当たり、私が接客した人数は300人。
出勤日数で見ても1週間でのべ1500人くらいである。

その中には「困ったお客様」(平たい話がバカな客)がある一定数で存在していたのだ。
そしてその人たちは皆、元親父(当時はまだ親父)とそっくりな性格だった。

●店員に偉そう
●あり得ない値切りをする
●怒り出すポイントが意味不明
●店員をつかまえて弾丸トーク
●店内が忙しい時程、他の客よりも特別扱いを要求
●「ライターの場所」などちょっと考えればわかる事もいちいち店員に場所をきく
●店に入ると自分で探さずにレジ直行
●すぐにわかる嘘をつく
●クレーマー体質


等々、まあ書けばキリがない。

そしてギラギラした目付き(わかる人にはわかる)。

例えがかなり悪いが、
ダウン症の人は外見からすぐにわかる。
「電波がくる」「盗聴している」
と言い出せば統合失調症、といった具合に
「種類分け」できる。

それに似た感覚で
この困った客たちは何か一定の
種類分けできる特徴があった。


この人たちは何か特定の病気や障害者じゃなかろうか?

そこでGoogleさんに聞いてみた。

「店員 偉そう 客」

すると
「自己愛がうんたらかんたら」
みたいな記事を見つけた。

自己愛って何?

そこで「自己愛」と検索したら
「モラハラ加害者の特徴」
「モラルハラスメント被害者同盟」の
あの有名サイトにたどり着いたのです。

いや、あの時の衝撃は凄かった。
被害者の方々は皆味わうであろう、あの「わかった」時の衝撃(笑)。

夜遅くラーメン屋から姉にソッコーメールしたのを今でも覚えています。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

元親父の母

元親父の口癖は、一般のモラハラ野郎に外れず、
「バカ」「アホ」、そして舌打ちである。

元親父を語る上で絶対に欠かせない人物、元親父の母である。(つまり私にとっては祖母)

このばあさんも、自分の旦那であるじいさんに暴言がひどかった。
「おじいさんはバカじゃ」
「一つもわからんわ」
「おじいさんはアホじゃ」

と一度怒り出すとそりゃもう暴言絶叫。
子供心に見ていてじいちゃんが可哀想だった。

このばあさん、なかなかの人物で、
会う人全てに強烈な印象を残していく。
ばあさんの職場でのあだ名は「天皇」(←不敬罪になりはしないか?(笑)
母方の祖父が取引先でもある、ばあさんの職場に行ったところ、女子社員がひそひそと

「天皇が来た天皇が来た」
と言うので見たら娘婿の母親が現れた、というオチだったので
ギョッとしたらしい。

ばあさんは話出すと止まらない。
相槌も全くうてない弾丸トークである。

初対面の相手に、見ず知らずの人の話題(近所の人や行きつけの病院で見た患者の話)など
それはもう絶え間なく続く。

このばあさんは、結構な苦労人で
15歳くらいの時、
自分の両親(つまり曾祖父母)が両方体が弱く、ずっと寝たきりだった為、両親の世話をしていたそうな。
そして母親が亡くなったその翌日、父親が亡くなったそうである。

その後養子に出されたが、まあいじめられまくって大変だったそうだが
ばあさんはその為いわゆる「まともな躾」をされずに大人になってしまった。

そして結婚して元親父が生まれた。

その結果、元親父はまともな躾をしてもらえなかったようである。

元親父の母親ネタも山程あるが
また機会があれば(笑)

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

最初の話

うめぢる一家の家族構成は
自己愛元親父


うめぢる

である。

私、うめぢるには四歳年上の姉がいる。

何せ私が生まれる前の話なので
姉がどこでどう病んで(失敬)しまったのか全く不明なのだが
姉は幼児の頃、転んでは
「うわあああ!汚れたあっ!」
と、よく泣いていたそうな。
砂遊びもろくに出来ない幼児であった。

転んで痛くて泣いていた訳ではない、
汚れた事で泣いていたそうな。

ここで母方の祖父母は
「この子は気をつけてあげないと」
と思ったらしい。

しかし元親父は何をとち狂ったのか
「うっほーい!自分に似てなんて綺麗好きなんだ!(後にわかるが元親父のキレイ好きは自称)」
と思ってしまう。

一方次に生まれた私はいたって普通。
砂遊びは好きだし、転んでも運動神経が異常にないため、
頭から転び全身汚れの子供であった。

ここで元親父の中で
姉=キレイ好きの潔癖で優等生
私=ヨゴレのバカ

という図式が出来上がる。

いやまあ確かにヨゴレだが(笑)。
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR