FC2ブログ

元親父は「俺が一番」に異常にこだわる

元親父は自分が持っているものは一番でないと気がすまないようだった。
親戚がテレビを買えばすぐにそれより一回りデカイテレビを買い、
親戚の中で一番デカイ車に乗らなければ気がすまない。
その他電化製品もとにかく一番でなければ気がすまない。


私が子供の頃、自転車は全て姉のお下がりであった(それに関しては別に私もどうこう思ってはいない)。

しかし小学校高学年の時に、私が姉の身長を越してしまった為、自転車のお下がりが通用しなくなった。

母が「うめぢるの自転車は小さすぎる。新しいのを買ってやって」
と元親父は「金がもったいない!プギャー!」

その為、私はずっと小さすぎる自転車に乗っていたが、ある日母がスーパーのガラガラくじで1等の自転車を当てた。

母「やった!これだとうめぢるのサイズにぴったりだ!」
と喜び、私にくれようとしたが、元親父は嫌な顔。
母が半ばキレて、晴れて自転車は私の物になった。


その翌日、元親父は自分用に新しい自転車を買ってきた。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

元親父は「自分名義」が大好き

元親父は「家族のものは自分のもの」。
元親父は私のシンセサイザーを自分名義にしようとするなど
家族のものも自分のものにしようと必死であった。
「俺名義で持つ方が、色々安くなる」
等と様々な嘘で家族を騙くらかして(当時の自分のバカ~!)
ありとあらゆる物を自分名義にしてきた。

以下、元親父がやってきた事である。

私のシンセサイザーと同じ方法で、
私のアパートの電化製品は全て元親父名義(※今は違います)

●母が結婚前に購入し、嫁いだ時に持ち込んだ自転車の住所変更手続きの時、住所名前を元親父は自分の名前にした。母が文句を言うと、
「結婚したから自分の名前でいいと思った」
と訳のわからない言い訳。

●母の携帯は元親父名義。元親父は2台持っているようになっていた。
元親父は障害者手帳を所持していた為、携帯料金は障害者割引をしていたが、母が所持している方のみ障害者割引に。

●上記の事がわかり色々嫌になった母は携帯会社を変更し、自分名義の携帯を持つ。私や姉もauなのでDOCOMOからauに変更。
元親父は「そんなに俺名義が嫌なのかプギャー!」
と言うが
母が「あんた名義云々じゃなく、自分名義の携帯が欲しかっただけ」
と言うと静かにはなったが、その違いが全く理解できなかった模様。


このネタ、たくさんあるけどとりあえず思い出しただけアップ(笑)。



DV・モラハラ ブログランキングへ

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

まだ10%にも満たない

ちまちま書き留めておいたので、
ブログ初めて一気に更新している最中ですが、
モラハラエピソードがまだまだ10%にも満たない…いつネタ切れになるんだ?元親父一族…。


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村



DV・モラハラ ブログランキングへ

元親父と風呂(食事中は読まないでください)

元親父は自称・きれい好きである。

風呂は絶対に一番風呂じゃないと嫌。


私が実家にいた頃は、風呂に入る時間帯が昼夜逆転していたため、私は家族とは別の時間帯に入るので私も一番風呂(?)だったが、
一度時間帯がかぶってしまった時があり、私が風呂に湯をためて服を脱ぎかけているにも関わらず

「どけっ!」
と押し退けて入ってきた。

私「なんなん?今から入ろうとしてるのに!」

元親父「うるさい!ええわ!」

いや、ええかどうかはアンタが判断する所じゃないだろう。
ちなみに小学生の甥っ子も泊まりに来たときに同じ事されたそうな。
甥っ子は風呂に入っているとき、元親父は何度も覗きに言っていた。同性だから余計遠慮がない。

元親父は家族が風呂に入った後は、脱衣場から風呂の中まで逐一チェックしていた。(水滴・泡など)
元親父は
「シャワーの水が扉にかからないようにしろ」
とよく私を怒っていた(笑)。いやわざと当てなくても、風呂場は絶対無理だろw

そこまでチェックするので、元親父が入った後の風呂はさぞかし綺麗なのかと思うだろうが、
これが汚い。汚さが半端じゃない。
年頃の娘が「お父さんのあとは油浮いてて嫌なんだもん♪」ってなレベルの汚さではない。
湯船に色んなものは浮いているし、濁っているし、
一体どうやったら湯船が汚れるんだ?というレベル。
かけ湯せずにドボン!してもあんなにはなるまい。(後々、色々考えた結果おそらく石鹸なしで湯船の中でタオルかなにかで体をこすってたのではないかと)


元親父はストーマーなのだが、何度か湯船にウ●コが浮いていたこともあるそうだ(私は見てないが…)。
それを母が指摘したら
「あ?そう?」
とヘラヘラ笑っていた。
普通ならかなり恥ずかしいはずだが、元親父はちょっと嬉しそうだったらしい。

風呂は体をきれいにする所のはずだが、うちは入ったら汚れる風呂なのだ。
かといって風呂の湯を入れ替えたら「水道代がもったいない!」「傷ついた!傷ついた!」とキレまくる。


ちなみにトイレの床にウ●コを落としていた事もあるらしい。

誤解がないように書くが、私はストーマーを悪く言っているのではない。
誰だってなる可能性はある。

ただ、私ならそうなれば一番最後に風呂に入るしストーマー交換後もトイレは必ずチェックする。
臭いも気になるから消臭剤も使う。

そういう方々が大半だと思う。

こいつはストーマーの消臭剤があるにも関わらず数回使っただけで全く使おうとしなかった。金がもったいないからである。
その上食事中にさわり巻くったり交換したりされたら(せめてよその場所でやれ)正直たまったものではない。
正直、公衆トイレで「その後」に出くわしても
私は元親父以上の奴を見たことがない。病気前もだ。

臭いで目がしみる、の意味が初めてよく分かった。


風呂の事、食事中は勘弁して、消臭剤っていいらしいよ、ってな事をかなり丁重に気を使いつつ指摘したら

「傷ついた!傷ついた!好きでこうなった訳じゃない!」

と自己愛ならではの「人に罪悪感を植え付ける作戦」。

一言言っておくが、大腸がんの疑いの症状が出て、
再三病院に行けと言っていたにも関わらず、
5年以上放置したのは元親父自身である。
「え?好きでそうなったんじゃないの?」とつっこみたくなる。
仕方ないので香水プレゼントしたら今後は10プッシュ以上ふく。
いくら1プッシュでいいと言っても全くきかない。
自己愛やモラは鼻がバカに出来ているのだろうか?


そんなこんなで面倒臭いので元親父がいない時や寝たあとにコソコソ風呂を入れ替え入っていた。


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

元親父の家事の出来なさは異常

元親父は家事が出来ない。
いや、「出来ない」というレベルではない。
ちなみに一般的な当たり前のことも出来ない。
ATMの入金出金も全く出来ない。
よくこれで生きてこれたもんだと思う。

●風呂に入りたい時は、
「風呂の湯いれて」
と母に頼む。(蛇口ひねれば?)

●料理なんか全く出来ない。食パンをトースターで焼くことが出来るのみ

●洗濯機が使えない(せめて説明書を読め)

●自称きれい好きだが、掃除をするのは自分が座る場所のみのコロコロ

●掃除機は高いところだけ(←詳しくはまた後日)



母は離婚前は度々憇室炎になり(ストレスと思われる)、周期的に入院していたのだが、そんな時は
「昼御飯や洗濯は姉に(近所に住んでいる)、夕飯はうめぢるにやってもらおう」
等と自己愛ならではの都合よい考えでいたが、
私は30km離れた所に住んでいて、私の当時の勤務時間は13時~22時である(今もこんなもんか。自営業になったし)。アパートに帰るのが23時半。
いつ夕飯を作って貰おうと思ったのか謎だが、
それを遠回しに、かつ上から目線で頼んでくる。
姉も小学生の子持ちで仕事持ち。昼御飯を作れと言われても正直時間的に難しい。

姉は頑張っていたが一方の私は
「夜帰ろうにも終電もないし夕飯時間にはいるわけない。不可能なのでコンビニで弁当を買ってくれ」と伝えた。

すると元親父、

「コンビニで何の弁当を買ったらいいかわからん!母親が入院中だと言って仕事なんか休めプギャー」

母の入院先で看病するんなら話はわかるが、
「母の入院で父親がごはんが食べられないので休ませて下さい」
等と言うなんて、通用する訳がない。

あまりに煩いので一度休みの日にどうにか帰って
夕飯作ったら今度は機嫌が悪い。
私の料理は野菜料理が中心になるからである。
お礼もない。
挙げ句に話し相手が絶対にいる元親父、姉は話をぶったぎるタイプなので、私がロックオンされる。朝4時から5時くらいまで延々と一方的な弾丸トーク。話の途中で何度もプギャーする。


とうとう何度目かの入院の時に母と姉から私に電話があり

「入院中はあんた(うめぢる)に何をやらかすかわからないので気が気でない。安心して入院出来ない。見舞いもいいから実家に帰ってくるな。親父からの電話もそのまま出るな(←朝4時まで電話するので、私は自主的に出ないようにしていた)」
と言われる。


一方姉は、死にそうに忙しいなか、自分ちと実家を往復しまくり(近所に住んでいる上、車持ちなので元親父は姉を使いまくっていた)
洗濯家事をしていたが、ある日ついに

「洗濯機の使い方教えるから覚えてちょうだい」

と言った。
元親父はプギャーしたが、何故か元親父は姉を使いまくるくせに姉に対してはビビっていたので
入院中の母に

「洗濯機の使い方覚えろと言いやがった!」

と愚痴を言いまくり。
…当たり前だろうが。

その後、洗濯機を回せるようになった元親父は
洗濯&干す事は出来るようになった。
…が、「干す」ことは異常に好きになってしまい、それからは母が退院してもずっと「干す」担当。
洗濯物を干すのだけは喜んで干すモラは非常に多いらしい。外から見られ「いい旦那さん」と言われたい為である。

ちなみにこの元親父は荷物は全部人に持たせるが(うめぢる家では重いものは全て女がもつ、だった)
買い物袋だけはやたらと持ちたがっていた。(理由は上記に同じ)



にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ

旦那や奥さんのモラハラで悩んでいる方々へお願い

私は結婚もしてないし(する気もないが・笑)
子供もいないのであんまりえらそーに言うべき立ち位置じゃないかもしれませんが、
子供の為を思って、とか金銭的に別れられない、とかそんなこと言ってないで、

「頼むからとっとと別れてくれ!」

です。まあ洗脳が残っている状態じゃ、難しいのもよく分かりますが
子供の為、と言うならとっとと別れる方が子供の為です。
子供も洗脳状態にあると思いますので(子供を手なずけたり、子供を人質にしたり、もあるし)
「お父さんとお母さん別れて暮らすから」
と言うと子供が
「家族みんな一緒がいい~」
と泣き、子供が可哀想だから、と別れないでいると、必ず後々、後悔します。
ずるずる一緒にいるほうが、子供の傷はどんどん酷くなります。
子供は親を見て育つので、下手をすれば
子供の結婚相手がモラ、もしくはモラハラ加害者になってしまう可能性が高いです。

長い目で見れば絶対に別れたほうがいい。

若ければ若いうちに離婚するほうが、老後の金銭面を安定すると思います。

モラは金遣いが荒いため、離婚した方が経済的に楽になった、という人も私の回りじゃ多いです。

モラと一緒にいるとまともな判断力を失ってしまっているので、
とにかくちょっとずつからでもいいから
一人になる時間を作って下さい。
全うな思考が少しでも戻ってきます。

モラハラはどんどん周囲に公表した方がいい。
とにかく回りにSOSをどんどん出してください。

「こんなことくらいで回りに話すのは恥ずかしい」
と思わないで下さい。
恥ずかしいのはモラの方です。
(だってそのバカっぷりときたら…)


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村



DV・モラハラ ブログランキングへ
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR