東京BABYLON

中学生の時に読んでた本を引っ張り出して久々に読んだ。

「僕はお金を貰ってこの『仕事』をしてるんだ。
ならきちんと『仕事』をしたいんだよ」

「『他人』には
『被害者』が受けた
本当の『傷』は
絶対にわからない」

「わからないはずの『他人の痛み』を
分かったふりしている貴方には
絶対に誰も救えません」

「人間はみんな『自分のため』だけにしか動けないんですよ。
『その人のために何かしてあげたい』と言っても結局『幸せになったその人を見て自分が幸せになりたい』と思っているに過ぎない」

「お互いに『違う』人なんだって分かってるってすごく大切な事だと思うよ。『気を使う』っていいことだと思う。
『貴方』と『私』は別の人だって知ってるからこそ『気を使う』んだもの。
全然悪いことでも恥ずかしいことでもない。
だからね私嬉しい時は必ず『有難う』って言うわ。
悪いことしたら『ごめんなさい』も言う、
昴流もお仕事大変でもどんなに
眠くても私に『おはよう』って言ってね。
私それだけで昴流のこともっともっと大好きになるから。
そうやって二人がこれからも仲良くできる『ルール』を一緒に作っていこうね」


あの年齢に読む本や漫画は大事だなー。
私の基礎の考え方を作ったのは田村由美さんとCLAMPさんだったよ。

3番目の台詞と最後の台詞はクソ親戚共に聞かせてやりたいわ。

団塊って特に最後の台詞の意味わかりそうにないよな。











ざっまあああwww

今まで私はありがたいことに、
母方親族と絶縁後に色々とお仕事をいただいてきましたが、
とんでもない大仕事が舞い込んできました。
いやもう、身バレするからここには書けないくらいの大仕事。
巨匠がらみのお仕事。

「あんな田舎の小さい店で」
と散々バカにしてくれましたが、
ざまあwww!

なんか親族と絶縁していいことばっかりです(笑)。






毒親要素たっぷりな人の考え方

「ちょっと親が思うような親じゃないからって【毒親】呼ばわりする最近の風潮にはいかがなものかと思います。
いつまでも親のせいにして」

はい出た。いずれこう言ってくる幸せバカが出てくると思ってたよ。

こういう考えを持つ奴は毒親要素たっぷりだ。

「いつまでも親のせいにして」というが、
こちらが親のせいにしたくなくて
大人になり毒親から離れようとしてもいつまでも毒親のほうがしがみついてくるのだ。

大体「自分の我が儘を聞いてくれないから」といった体験談じゃない、
見るからに精神的虐待の体験談を読んでも
「性的虐待じゃないし暴行でもないじゃん。毒親じゃないでしょ」
という感想を持つ、こういうやつの思考回路が気持ち悪い。



「血縁」のしがらみなんか捨ててしまえばいいのに

多くの人々が
「血縁者だから情が云々」
「血縁者だから我慢する」
「血縁者だから許してくれる」
という考えに縛られ過ぎている気がする。

その結果「血縁者だから許してくれる」という糞な考えを持つ図々しい親や子、親戚に嫌な思いをさせられている人が多い。(ちなみにこの図々しい考えを持っている奴等は団塊が多い。さすがサヨク世代)

血縁者だから図々しい真似をしていいとでも思うのか。

血縁者だろうがそうじゃなかろうが
いい人はいい、悪いやつは悪い。
それで付き合いを考えればよいと思う。

まあ血縁こそ至高、の考えを持っている糞な人々にはわからないだろうが。

モラハラ被害者の人って

私の家のように父親側がモラハラ加害者・母親側がモラハラ被害者で、
母親側が子供をイケニエにし、
相手がモラハラ加害者とわかっているのに
グズグズと別れないでいるので、
「真の敵は毒親ではなくその配偶者」
と突っ込んだ場合、
周囲にいる他の「いわゆるモラハラ被害者」の人たちは
「お母さんを悪く言わないであげて!お父さんにいじめられているお母さんを助けてあげて!」
とよってたかって子供側の人間に宣ってくれるので('A`)ウヘァってなる。

バカか。

こんなやつらはろくなやつがいない

「家族旅行が大好き」な奴等は
ろくな奴がいない気がする。

以下 過去の年間予定

母方親族の年間行事予定がまとめたらひどいのであげてみた。

1月 新年の集まり&新年の墓参り(訪問)
2月 バレンタイン関連(訪問)
3月 彼岸の墓参り(訪問)
4月 親族誕生日×2 花見(全て訪問)ワラビ取りにおでかけ(留守番強制)
5月 祖母誕生日(訪問)
6月 親族誕生日(訪問)
7月 中元持参(訪問)
8月 盆&花火大会(訪問)
9月 敬老の日(訪問)
10月 祭(招待)
11月 彼岸(訪問)紅葉におでかけ
12月 年末墓参り(訪問)&年末のお買いもの


プラス各月の祖父の月命日に墓参り&仏壇参り(訪問)。
坊さんが来る日は訪問。
バーベキューなんかもあり。

年に2回は家族旅行。(私は行かないので関係ないが、仕事なんか休んで持病を持つ犬を見とけと実家で留守番してくれと命令される←犬は大事だが母の押し付けぶりは滅茶苦茶だ)

そして↑とは別の、
日帰り温泉旅行も年に数回あり。
(いつも急に決め強制留守番命令)
記念日は場合によって増える。
(米寿とか還暦とかの祝いや○周忌とか)


もちろんこんな命令は聞けるはずもないので、こちらも
「毎回毎回急に(※大抵前日。旅行は2週間前)決められてもこちらも仕事がある!キャンセルしろやゴルァ!」
となるが機嫌が悪化。
「お母ちゃんが可哀想~っ!」
とギャーギャー喚く。

(ちなみに私は訪問に行けないことが何度もあったがその度に母の機嫌の悪さがMAX
)

この行事の度に仕事休めるか。団塊は暇なのか。
てか、↑の遊びまくる金は一体どこからわいてくるのだ…?



てか、この予定を見て思った。
「お母ちゃんが可哀想」って何?

シャネルの偽者逮捕2

こちらでも書いたが
母は商標権を侵害する生地を使い販売をしようとしていたが、母方親族は
「あんな田舎の小さい店でそれくらいいいだろう」
とか平気で思ってそうだよな。
「あんな田舎の小さい店で接客なんかどうでもいい」
って言ってたしw。

田舎だろうがなんだろうが犯罪はダメに決まってるじゃん。
※これに対しては「犯罪なんて大げさ」とか言いそう。


あ。私は自営で無事にお世話になっている全国展開の大手のお店で更なる販売拡大が決まりましたよ。
散々バカにしてくれてどうもw

おまいらの自慢のネタに使わないでね。
絶縁してるんだから(笑)。

墓がそんなに心配ならどっかで養子縁組でもしてください。
盆正月や、祖母の誕生日には必ず仕事を休み、自分達の行事の都合で絶対に動いてくれる便利な養子を。(参考スケジュール頁)

多分このご時世そんなスケジュールに合わせられるやつは無職だと思いますが。

祖母の白内障の手術

以前母方の祖母の白内障の手術が決まった際、母が
「うわああん!お母ちゃんが可哀想~っ!
目の手術なんて怖い!可哀想~っ!!
手伝いに行かなきゃ!側にいてあげなくちゃ!」

と感情大爆発パニックを起こしていたので、
情報になればと思い、持っていた小林よしのり氏の
「目の玉日記」を母に貸そうとしたら
「そんなの読まんっ!そんなの読まなくてもお母ちゃんが可哀想だから側にいるだけでいいの!」
とギャーギャー喚かれた。

私は感情的になりすぎて現実問題を処理しようとしない奴が嫌いだ。

とにかく元親父と元親父親族や元母親と元母親親族にしても、
すぐに感情的になり爆発しまくりまともに話にならず、
現実問題を処理できる力が全く無い。
つーか、団塊世代はこんなやつらが多い。

いい年こいて、いつでもどこでも全開の感情むき出してホント羨ましいわ。
(恥ずかしいしみっともないからああはなりたくないけど。
みっともない=見たくもない、だぞ団塊共め)




団塊世代の特徴

団塊はギャーギャー文句を喚きまくり、
人に的外れな説教をする割に、
相手に嫌われるのを非常に怖がるし
相手に嫌われたらひたすら凹む。

文句を言うからには相手に嫌われるのを覚悟しなければならないが、
団塊はその覚悟が無い上、自分は相手に文句を言っても相手からは慕われていないと気がすまない生き物。


人の子育てにやたらと口出しする親族

「子供はもっと伸び伸びと育てなければうんたらかんたら」
「ギチギチに育てるとろくな子供にならない」

と一丁前の子育て論(笑)を語りまくった母方親族。

うめぢる家はこんな家ですよ。

元親父は
「ドライブ行く」
と行き先を決めずに家族を強制連行。
行き先で遊園地や公園を見つけとりあえず駐車場に入れるが、元親父はなんか気に入らない。
「今日はここで遊ばない!車を止めただけ!」
私大泣き。
元親父
「うるさい!せっかくつれてきてやったのに!ビービー泣くな!」

元母親はここで何してたかというと
「お父さんが怒るから静かにして」
というエネme対応。

元母親はあとになって
「私はあのあとお父さんに文句は言ったけど聞いてくれないんだもん」
などといっていたが、
「自分の弟も(元母親の弟)『道理がわからない人間に対してはわかる人間ががまんしなくちゃいけない(キリッ!)』っての言っていたもん」
とも言い、ぶれまくっている。

偉そうに子育て語る資格無いわ。


元親父の猛毒っぷりが強烈すぎて
薄く見えてただけで
元母親&元母親親族も充分毒だったというオチ。
毒をもって毒を制す、と言いますが
毒に毒をぶつけてもどこまでも毒(by新井理恵氏)という良くできた例です。



ちなみにこんなことばかりされて育つと、感情を表に出すことが無くなり
嬉しいことがあっても
「何か裏があるのでは」
と疑ってしまうようになります。



何でわかってくれないの!

「お母ちゃんがかわいそう!」
と連呼したあと母は
「何でわかってくれないの!?」
とよく言っていた。

「何でわかってくれないの!?」
と連呼する奴らの意味は
「何で私の思い通りになってくれないの?」
と言う意味。

「何でわかってくれないの!?」
と連呼する奴に対しては要注意。
(「何でわかってくれないの!?」って台詞は普通いわないよな…よくよく考えたら。
所詮他人なんだから、全部わからなくて当たり前)

ジブリとディズニーの良さがよくわからん

前々からかいてるが
ジブリとディズニーの良さが全くわからん。
両方とも理解できない。(単純に絵柄も好きじゃない)

「ジブリとディズニーの良さがわからかいなんて心が邪にちがいない!この非国民めが!」
みたいな扱いを受けることもある。
確かに心が邪なのは間違ってはいないが、
そんな扱いを他人にする奴等にそんなことを言われたくない。

以下、「良さがわからないと非国民扱いを受けるシロモノや人々」を私の好き嫌い関係なくあげてみた。


●ディズニー
●ジブリ
●ミスター(長嶋茂雄)
●高倉健(この人も「あんまり好きじゃない」と言うと袋叩きに合うような気がして挙げてみた)
●吉永小百合(上に同じ)
●ジャニーズ(歴代どのグループもファンになったこと無い、などと言えば袋叩き)
●ビートルズ
●ジョンレノン
●オリンピック
●野球
●サッカー
●ワールドカップ
●アイススケート
●広島におけるカープ
●広島における市民球場跡地(とっとと駐車場にしてしまえとすら思う)

栗田貫一

すげえな…。

シャネルの偽者逮捕

シャネルの偽者を自宅で作り販売逮捕

このニュース見て何を思うんでしょうねえ、母は。
(シャネルじゃないがあるブランドで同じ事をやろうとし
「商標権違反だ」と必死こいて止めても生地依存症の母は「大丈夫」と全く言うことを聞かないので、
無理矢理姉と私で生地を処分し結局販売させなかったけどな)

お母ちゃんが可哀想~!

「お母ちゃん(祖母)が可哀想~!お母ちゃんを悲しませたくない~!」

と事あるごとに絶叫していた母ですが、
そこまで「可哀想!」と思わせる祖母には一体何があるのか、今となっては気になるところです。
(私が見る限り母の弟夫婦と同居している祖母は至って可哀想な人には見えなかったんですが。…まあ極端な二面性があるんならわかりかねますけど…)

毒親の要望(うめぢるの場合)

●一人暮らしでも毎日電話して(心配だから)
●週に3日は帰ってきて(心配だから)
●電化製品壊れたら必ずお父さんに報告して(黙って買ったら怒られるから)
●交友関係は全て報告して(心配以下ry)
●彼氏が出来たらどういう付き合いかたしてるか全部報告して(心配以下ry)
●性行為は結婚まで一切禁止(心配以下ry)
●健康診断の結果教えて(検査結果を勝手に持って帰る)
●婦人科検診の結果教えて(検査結果を勝手に持って帰る)
●盆正月は親戚の集まりには必ず参加して。これで休めない仕事なら辞めて
●あんたが読んでる本全部貸して
●あんたが観てるDVD全部貸して
●押し入れ見せて
●犬が病気でも遊びに行かせて
●お母ちゃん(祖母)が心配だから遊びに行かせて
●ちなみに旅行も行きたい。犬はあんたが帰ってきて見てくれたらいい。仕事休んでね
●もっと稼いでよ。あ!でも親戚の集まりのためには仕事全部休んでね
●自分の親戚の都合には全部予定合わせてね
●結婚しなくてもいいから二人で暮らそう(姉は子持ちなので私がロックオン)。



真性のバカか。無理に決まってんだろ。
書いててかなり不快だった…。


「お母ちゃん(祖母)が可哀想!お母ちゃんに心配かけたくない~!!」
と電話口でギャースカ言ったのに心底ゲンナリして、
これを最後の電話とし着信拒否しましたよ私は。
(不動産手続き終わりそうだし。手続き以外で電話すんなってのに電話してくるしつこさ)






うつ病患者に言ってはいけない事

うつ病患者に
「『頑張って』と言ってはいけない」
とよく言うが、
「もう頑張らなくていいよー。一杯頑張ったんだし」
と言われる方が見限られた感があり実はこたえる。
「頑張って」と言われるうちが花だ。(ソースは10代~20代半ばまで鬱とパニック発作を患った私)。

変な親

姉の知り合いの話。

その人の子供は5歳から万引きするなど問題行動がある現在16歳娘だが、
高校に入学後
「クラスに同じ中学出身の子がいない」
という理由で不登校開始。
不登校児なのに文化祭のピアノ伴奏に立候補するが
不登校なので学校に行かない。
慌てた担任がピアノ伴奏の代役をたてたが、その事にへそを曲げる娘。
その人は
「うちの娘ちゃんが頑張ってるのに代役たてるなんてひどい!」
と夫婦で学校に抗議。
娘は不登校続行するが、
「皆が学校に行ってるのに自分は家の中にいるのがつらい」(←てめーが選んだんだろ)
とアルバイトは元気に開始。
その金で遊びまくりディズニーランドに友達と出掛けたり、
夜中に家を抜け出し遊び放題。
ただし「自分にとって辛い事」は布団を被り部屋から出てこない(習い事を辞める挨拶など)。

見かねた周囲の人が
「カウンセリングや児童相談所へ相談した方が…」
と勧めるが肝心な親であるその人が嫌悪感丸出し。
そして
「アタシは仕事をすごく頑張っているし娘は絶対わかってくれている!」
と異常に目をキラキラさせている。

やはり親もどこかおかしい。

娘は来年通信制高校に入学する予定だが未だに友達と遊ぶときには行ってない高校の制服きて遊んでたりする。



元不登校時で通信制高校出身の私が言うのもなんだが、
不登校やるにも資格がいるんだよ。
こんな理由で不登校するな。
不登校なら文化祭の伴奏なんか引き受けるな。
私は担任に勧められても責任が持てないから断ったぞ。
そして学校に行けないのならその学校の制服着るんじゃねえよ。


「友達が一緒じゃないと嫌」なら通信制や定時制は向かん。

何より不登校児は通常遊ぶ元気はない。
こいつはただの新型うつ&境界性だ。
世の中の不登校児に謝れ。


私の場合は当時は原因不明だったが、
30人以上の人間が狭い教室にいるのが耐えられなかった。
パニック発作だと今ならわかる。
(そして制服の素材でアレルギー皮膚炎がおきるのもいちいちストレスだった)

学校の先生には
「お前は学校なんか来ないで世間に早く出たほうが楽なタイプだ」
とまで言われてヘコんだわ。

今となっては行けるもんなら行った方が良かったし普通に全日制出たかったよ(世間様は通常学歴いるし)。



被害者を叩くなっていうが

中1殺人の被害者の母親、やっぱりなんかおかしい。
ネグレクトじゃん。
「被害者を叩くな」という意見も多数あるが、なんでこの母親の違和感に気がつかない人が多いのか。

そして貧困と言われているが
何故中1でスマホが持てるのか、

深夜にかかってきた意味不明な電話

あれは数年前、まだ私がアパートに一人暮らししていた頃。
私は深夜まで働いて帰った後(見た目の割に重労働な仕事)、
毎晩のように見計らったかのような時間に母親から電話がかかってきていた。

やはりその日も電話がかかってきた。
電話を取ると開口ー番

「(母の)弟の奥さんが東北の田舎に帰ったまま戻って来ないとばーちゃん(母の母)が言ってる!このまま戻って来なかったらどうしよう!」
(※母方祖母と母の弟夫婦は三人暮らし)

母の弟の嫁さんはその時結構な用事があり、
いつもより長期に渡り田舎に帰る話は私も聞かされていたが、
何故そこで「このまま戻って来ない」という話になるのかが全くわからない。

なので私は
「は?喧嘩でもしたの?」
と聞くが
「喧嘩はしていないらしい!
ただ前に『老後は自分の田舎に帰ってゆっくり暮らしたい』と嫁さんが言っていたとばーちゃんが言っていた!」

と言う母。

全く意味がわからないがとりあえず

「へえーそれも人生かもねえ。
結婚しながら別居ってのもありかもね。
私の知り合いもいるよー、結婚してるけど別居してて週末だけ一緒に過ごしてる夫婦。
その夫婦は凄い仲いいよ。
お互いが幸せなら別に他人があれこれ言うこともなかろう」


と言うと母、

「あんたの知り合いと一緒にするな!(←失礼にも程がある)
お母ちゃんが可哀想!
弟も今から一人でどうすりゃいいの!
家事も料理も出来ないのに!」


と喚く喚く。
なのでつい
「どうにかするんじゃないの?
今のご時世、料理が出来なくとも食料にはありつけるだろうに。
家事だって覚えりゃいーじゃん」

と言ったんだが
母は一時間くらいワーワー言っていた。


そしてそれから数日後、母の弟の嫁さんは土産を持って普通に戻ってきた。

「あんたにも土産があるって!」
と母からまたハイテンションで電話がかかってきたので

「戻る戻らないの話はどうなった?」
とつっこむと

「無事に戻ってきたんだからその話はいいじゃないの!」
とまたわめかれた。


結局この騒ぎは「なかった事」として
母と祖母に処理されうやむやになったので、
どうしてこんな話になったのか今でも謎のまま。
(母と祖母が思い込みで暴走したのだと思われる…)

母に対しては、物事の是非がわからないなら、
みっともないので、
せめて黙っていてほしいと願うばかりです。~杉本彩さん~

↑まさにこれ。





動物愛誤

アザラシの赤ちゃんの画像が見たかったのに
動物愛護毛皮反対の奴等がグロ画像貼ってやがった。

人のグロ画像はどうって事無いが、
動物のグロ画像は我慢ならん。

私も毛皮は苦手だし着る気もないし、毛皮反対派だが
「目を背けてはいけない!」と他人に強制しグロ画像貼る輩とは相容れない。

あんなにもグロい画像を貼らないと
わからない人が多いのか?

「目を背けてはいけません」と嫌がってる子供に原爆のご遺体画像や被害画像を山ほど見せつけて
「とりあえず原爆アレルギーにしとけ!」
ってサヨクと一緒じゃん。
私は戦争や原爆や原発は反対だ。
東海村臨界事故の本も読んだ。
よりによって偶然、東日本震災が起きる2週間前に読んだ為震災が起きた時に原発に対して非常にびびっていた。
(周囲の人は「何故そんな本を!」「お前がそんな本を読むからだ!(※1)」と言っていた)


しかし亡くなられた先人には敬意はあるし、靖国も参った。
ただグロ耐性度は人によって違う。
有無を言わさず安易に見せまくる手段は反対だ。



動物愛護は大事だし興味はあるが、
辺り構わず「見て!可哀想な動物を!」とグロ画像貼りまくる輩とは相容れない。


(※1)
私が好きなバンドや人、お店は
○解散する
○お亡くなりになる
○閉店する(ひどいのは改装直後火事になってしまった)
となる傾向がある。東原さんのデスブログの小さい版だと思っていただけるとわかりやすい。
ちなみに知りあいの離婚率も異常に高い(私は未婚…)。

中1殺人についてのコメントでこんなの見つけた

2ちゃんまとめサイトより。


163: 名無しさん@1周年 2015/03/03(火) 20:53:28.28 ID:JxViOrJt0.net
このお母さんは、何もしてやれなかった、じゃなくて、何もできない人なんじゃないかと思った。
こういう人ってたまにいるんだよ。軽い池沼みたいな。

175: 名無しさん@1周年 2015/03/03(火) 20:56:04.57 ID:9rHYF3di0.net
>>163
そんな気はするね。
だから幾ら指摘しても無駄と言うか。
指摘しても「私はどうすればいいんでしょう?」とか言い出しそうな感じではある。
知らんのに余り言ってもなんだけど。



元母親はまさにこんな感じでした。
ここにも書いたけど
やはりいるんだよ、こういうタイプの人って。

世間様

毒親持ちは「親や親戚と絶縁」というと

「実の親なんだからさ」 
「それでもここまで育ててくれたのは感謝しなくちゃ」 
「愛情表現だったんだよ、あんたは嫌だったかもしれないけど」 
「親になればわかるよ。 親もいろいろ大変なんだし許してやれよ」


などとハッピーセットな事を言われ、
結婚するにも
「親と絶縁しているような人とは無理」
と言われることも多く、
うまいこと結婚して子供が出来たとしても、「連鎖」の恐怖にガクブルする。


なので私は結婚する気もないし、もちろん子供もいらない。
毒親に理解の無い人とは込み入った話をする気もないし、
対人関係では表面上の付き合いしかしないし他人に自分のフィールドに入って欲しくない。

この生活が快適過ぎるのだが、こうなると世間様は
「寂しい人生だ」
と決めてかかる。

世間様は何をやっても毒親持ちにはとんちんかんな文句を言ってくるものなので
結局自分がやりたいように楽に生きる方が良いと思う。





解毒

甥っ子がメンタル面で落ち着きがあまり無かったのだが、
元親父&元母親(甥からいうと祖父母)+元母親親族と付き合いが無くなり
すっかりすっきり落ち着きました。


こうしてみるとやはり過干渉の毒の影響力って怖い((((;゜Д゜)))

過干渉な親

「とくダネ」で特集されたようですね。

あの世代の人はテレビが情報源だから
こういう特集はテレビでどんどんやってほしい。

墓の心配ばかりする親や親戚

元親父一族にしろ元母親一族にしろ、
「墓をみてくれ」と
どうしてジジババ共は皆、墓の心配ばかりするのだろうか。

そんなに早く死にたいか。

てか、私が死んでも身内に対して
「墓をみてくれ」
「墓参りにきてくれ」
なんて思わないけどな。
来たければ来ればいいが
来たくなかったり無理なら来なくていい。
交通費使って無理して来てもらうより、
自分の人生に金使えって思う。

墓だのなんだの、度々言う奴は皆ろくなもんじゃない。

こういう奴等は
「アンタも年取ったらわかるわよ」
とよく言うが
この手の奴等がシタリ顔で言う「●●になったらわかる」説は
私に限っては全くわかった試しがない。
(ex.社会人になったら苦労がわかる→狭い学校より社会人のほうがマシ。
一人暮らしになったら寂しさがわかる→干渉されなくて楽しいetc)

墓を利用して自分の寂しさを埋める脅迫にしか見えない。



ダメ親の思考回路

私の周囲のダメ親の思考回路は
『この子は私の事をわかってくれる』
『この子は理解してくれている』

と子供に依頼心や依存心がある。

中1殺人のコメント

加害者の親父のコメントはいちいちつっこみを入れなくてもわかりやすい馬鹿馬鹿しいコメントなのでスルーする。

私が気になるのは被害者の母親のコメントだ。

なんか被害者の母親のコメント見て
「涙した」
「被害者も被害者の母親可哀想」
とかなんとか言ってる人がいるみたいだが、
アレはなんか違和感のあるコメントのような気がする。

以下コメント全文
 
「本日、遼太の通夜を執り行うことができました。

 優しい顔で寝ている遼太の姿を見ると、本当に遼太が死んでしまったのか分からなくなります。

 今にも起き上がって「母さん、母さん、お腹すいた」と言うのではないだろうか。台所にいると、「ただいま」と元気な声が聞こえ、帰ってくるのではないかと思ってしまいます。

 寝ている遼太に声をかけても、遼太が私を「母さん」と呼ぶことも、話すこともできなくなってしまったことが悲しくてたまりません。

 遼太は、本当に明るくて優しい子で、友達が多く、まわりの大人たちにもとても大事にされてきました。

 中学校1年生で、まだまだあどけなく、甘えてくることもありましたが、仕事が忙しかった私に代わって、進んで下の兄弟たちの面倒を見てくれました。

 私自身、仕事や家事に疲れた時、何度も何度も遼太の姿に励まされることがありました。学校を休みがちになってからも、長い間休んでいると、きっかけがないと学校に行きづらくなるから、早く登校するように話してきました。ただ、遼太が学校に行くよりも前に私が出勤しなければならず、また、遅い時間に帰宅するので、遼太が日中、何をしているのか十分に把握することができていませんでした。

 家の中ではいたって元気であったため、私も学校に行かない理由を十分な時間をとって話し合うことができませんでした。

 今思えば、遼太は、私や家族に心配や迷惑をかけまいと、必死に平静を装っていたのだと思います。

 事件の日の夜、一度は外に出かけようとするのを止めることができたのだから、あの時、もっともっと強く止めていれば、こんなことにはならなかったとずっと考えています。顔や体のひどい傷を見て、どれほど怖かっただろうか、どれほど痛かったかと思うと涙が止まりません。小さな遼太に、このようにむごく、残忍なことを行える人間が存在することが信じられません。

 犯人が逮捕されましたが、遼太が帰ってくるわけではなく、犯人に対して何も考えることはできません。

 最後になりましたが、遼太のために河川敷に献花して下さった皆様、また、昼夜問わず捜査に尽力いただいている警察関係者の方に、厚く御礼と感謝申し上げます。


赤字が私が変に思った所…
台所って…
子供より早い時間に出勤し、
遅い時間に帰宅するのに
「台所に立っていると『母さんただいま』」

…え?

目に青タンつくったり、
子供が帰って来なくなり
「捜索願いを出せ」
と担任に言われても放置する
その神経がわからん。

ちなみに祖父母も同居と記事で読みましたが、
平和ボケの大人が揃うと誰もなにも気がつかない。
無知と平和ボケは大罪じゃないかと思う。

『面倒な事』は自動的に目と耳と脳がシャットダウンする人なんだと思う。

元母親もそうだった。

元親父にいびられていたり、私の私物を投げたり蹴ったりしている様を目の前で見てるのに
『気がつかなかった』
『見てなかった』
『聞こえなかった』
『私その場にいたっけ?その場にいたらアタシ止めるし、あんたの記憶違いでその場にいなかったんじゃない?』
だもんなー。

こういう脳に障害があるとしか思えない人は結構いる。



DQN家族に生まれてしまった子供について

中1殺人でうんざりした記事
でも書いたが、平和で愛溢れる家庭育ちの人々がDQN家族について語っても
とんちんかんな意見が多く
結局のところ根本的には解決しない事が多い。

んじゃどーすりゃいいんだ?って思い出した。

新井理恵氏の漫画で「お母さんを僕にください」という漫画がある。

その最終話で保母さんたちの会話に以下のような会話が出てくる。

「『可哀想』にならない生き方をちゃんと子供たちに教えてあげないとね。
親は無くとも子は育つみたいな?
残念ながら今も昔も無能な親や無責任な親、自分の事しか考えていない親は大勢います。
そんな親の許でも自分の足でしっかり歩いていける、
生きる術や心構えを子供たちには自然に教えてあげないと」

「まー確かに他人が介入できる部分なんて限りがありますしね。」
「もちろん周囲の介入も必要ですけど
実際にトンデモなくヤバい状況ほど
変に堪えたり悲しむ前に自力で誰かに助けを求めるフットワークの軽さが必須ですもんねー」

「夢だけじゃなく現実もしっかり小さいうちから教え込まないとってコトですね」


結局のところこれに尽きるんじゃないだろうか。

その役目は「毒親家庭で育ち大人になった我々」じゃないかなー、と。

子供いないけど頑張ります…。








この方の漫画は割と「家族より大事な他人。クソ家族は切り捨てるか利用する」話が多いので
安心して読める(笑)。

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR