相模原の事件

加害者は措置入院させられたことがあるらしいが、
約二週間で退院は早過ぎやしないか。


措置入院させられた人は大抵二~三ヶ月で出てくるが(ソースは統合失調症の元隣人)、
二~三ヶ月でも早いと思う。
最低でも一年は入れておいて欲しい。


措置入院を何度も繰り返した元隣人は(警察経由が確か4回)、
最後に警察に連れていかれて(私たちに嫌がらせしていた問題ではなく別件)、
二年近く見ていない。
廃人になったらしくもう出てこれないのだと思う。



差別的発言だが、措置入院させられるような人は完治はほぼ無理だと思う。

他害の可能性のある精神障害者を長期に入院させることが出来る&
役所が簡単に他害の可能性のある精神障害者を強制的に保護出来るようになればよいのに、と思う。

案の定アホなやつが
「加害者の家族がちゃんと見てないからだ」
と言っていたが、
統合失調症患者や妄想性障害者の面倒を見るなんて身内でも無理だ。プロじゃないと無理。

統合失調症でも認知症でもアルツハイマーでも自分もいつ発症するかはわからない。
私も元両親も元親族も絶縁しているため、
身内はめっきり少なくなったがその人たちには
「ヤバイと思ったら即病院や施設に入れてくれ」
と頼んである。


「孫連れて帰って来て」
「今まで育ててあげたんだから介護は身内でやるのが当然。親孝行して」
と自分たちの介護を強制するクソ団塊みたいには絶対になりたくない。

団塊はバカなので身内にはいくら迷惑をかけても良いと思っているフシがあるが、
介護は素人がやるもんではない。


失笑

都知事選。
T越は団塊世代ではないが(まあ「昭和15年生まれで終戦時20歳」発言もあり、実年齢は全くわからないが…)、
団塊世代の悪いところを全て集約したような奴ですごいなーと思ってしまう。

これぞ老害。

私は前々からこのおっさん、どうかと思っていたが、
元親父も元母親も支持してたし(「T越おかしいだろ」って私が言うと激怒していた)
バカな団塊がこいつを支持するのはよくわかる。

「癌を克服した人を悪く言うなpgr!」
と元親父も元母親も言っていたが
癌を克服した人全てが善人とは限らない、ということがわからないらしい。


dqnの度胸試し

dqnがある地区で度胸試しをしている(詳細は省く)。
俺もー俺もーとなりdqnがその度胸試しの現場に集まっては度胸試し大会をしている。

最近その度胸試しで失神した中学生がいたらしく皆「死んだ!」と思ったらしい。

失神した中学生の姉(高校生)は
「ご心配おかけしました!ありがとうございました!」
と言いつつちょっと有名になったのが嬉しいらしくはしゃぎまくっている。
登場人物が皆バカである。

個人的に、死ねば良かったとは思わないが
助かって良かったとも思わない。

「母親」には逃げ場がない

田房さんの本だと思うのだが
「母親には逃げ場がない」
みたいな記載をされていて、なるほどなーと思った事がある。

元親父=ADHD 元母親=アスペ
な私なのでその手の発達障害を調べまくっていたのだが、
子供が発達障害ってパターンもなかなか大変そうだ。

程度の差もあるだろうが、こんな↓子供もいる。


●アスペは自分が悪くても逆ギレして相手を罵る。
「失せろ!」
「そんなの関係ない!」
「死ね!」
等と勝つためなら言ってはいけない事を平気で言う。
暫くたつと本人はケロッとしている。

●悪いことをしても謝らない。
「自分のせいじゃない、あいつがやった」
等と平気で嘘をつく。

●失敗して皆に迷惑をかけても一人平気な顔でヘラヘラしている。

●他人の失敗は散々指摘する癖に自分が指摘されるとヒスをおこす。

●悪い意味で口が達者。

●天性の虚言癖。自分の身を守るためなら人を平気で陥れる

●場合によっては盗癖持ち

●ゲームにだけ集中

●勉強はいくらやっても駄目なので底辺学校にしか行かれず楽な方ばかりに流され染まりかけてしまう。


ある程度の躾や療育でどうにかなると言われているがIQに問題がない場合は
医者が「療育は大丈夫でしょう」と判断しグレーゾーンの子は受けられない場合もあるらしい。

こんな子供の相手を四六時中しなくちゃならないのは酷である。


夫がちゃんと協力してくれれば良いが
夫もアスペだったりシングルマザーだったりしたらもう大変。

児童相談所も世間様も
お母さんが頑張ってください」
お母さんの躾でどうにかなります」
などと母親にばかり覆い被せる場合が多いらしい。

発達障害に関わらず、母親側に全部覆い被せるパターンが多すぎる。
(特に団塊世代。団塊世代はどうせ「都知事はT越!」と思っているバカが多いので黙ってていただきたい)

夫側は家庭が嫌なら飲み会だのなんだの逃げ場があるが、
妻側が家庭を投げると批難されまくりである。

日本の母親たちの逃げ場があれば良いのになあと思う。

そんな訳で私の自宅は家庭に困った母親の一休みの避難場所としてOKっす。(図々しくない知り合いに限る)

母親に限らず家庭に困って行く場所の無い人なら二、三日は提供します(笑)。

案の定…

争点隠しずるいって…

案の定、こんなことを言い出す奴等が現れた。

改憲については散々言っていたはずだが。


アホだな。
単なる勉強不足。

選挙

今日は仕事だったため、数日前に期日前投票に行ってきたのだが、
結果がどうしても当選してほしくない(というか当選すると危険)な人があっさり当確していてがっくり。
誰が入れたんだよ誰が。組織票か?

この人のTwitter発言とかやらかした事とかテレビでもっとやれば入れる人も少ないと思うのだが。

といっても知名度だけで投票するのは若い人じゃなく老人も一緒。
老人はネットに疎いため、Twitterなんぞはチェックしないし、自分たちの事ばかりなので
ろくな結果になりゃしない。

(都構想も「敬老パスがー」だったもんな)

そういえば元母親が東日本大震災の時に
「民主党(現民進党)の対応が酷い!」
とギャーギャー言っていたので、
「『自民党に納得いかないから民主党に投票した』って自信満々に言ってたじゃん(※)。
自分が投票したのをもう忘れたか。
自分が投票した結果じゃん」

と突っ込んだらアワアワ言っていたが、
団塊にはこのように自分が投票した事をすっかり忘れる輩もいる。
(ちなみにあの選挙の時、民主党に投票した奴等の責任はかなり重いと思うのだが…自称インテリの団塊ほど民主党に投票してたよな…バカ丸出し)


…しかし私が投票する人、大抵落選なんだよなあ。
今回はどうだろう…

(※この時も私は『とんでもない党に入れたな。今からとんでもない政治になるよ』と言っていたが元家族や元親族は
私をバカにしていたので全く信じなかったけど、
多分民主党に投票した事も私を全く信じなかった事もすっかり忘れているだろうな。バカだから)



やはりな

以前からこういう記事をちょくちょく書いてますが
とうとうこんな事が起こりました。

交通違反者516人を6月逮捕 再三の出頭要請に応じず 東京
出頭しなかった理由は、「仕事が忙しかった」42%


優先順位すら決められないバカが516人中216人はいるようです。
(残りの奴等の理由もなかなかのもんだが…)

やはり「仕事が忙しくてー」「時間がとれなくてー」を言い訳に、
するべき連絡をしない奴は無能です。


今なかなかひどい人と仕事のやりとりをしていますが、まあひどいです。
メールはいちいち重要な事が抜けていて一往復で終わらないし、
重要な連絡は事後報告だし。
「アタクシは忙しいから緊急連絡の返事も2日以上は待ってね★
でもこちらから連絡した場合は即レスでお願いね★」
ってなやつです(こういう人凄い増えたよな…私統計で東京人に多いけど)。

お前らだけが

元母親も元母親親族も
「自分ばかりが忙しい!疲れた!」
と言わんばかりだったが(いや口に出してたな)
世の中の人はみんな元気で暇で自分だけ忙しくて疲れてると思ってんのか。
ふざけんな。

(実際横で見てると誰よりも遊びまくってたけどな…あ、遊ぶのに忙しいのか)

※再掲「元母親親族年間予定表」
母方親族の年間行事予定がまとめたらひどいのであげてみた。
ちなみに持病がある犬がいる。

1月 新年の集まり&新年の墓参り(訪問)
2月 バレンタイン関連(訪問)
3月 彼岸の墓参り(訪問)
4月 親族誕生日×2 花見(全て訪問)ワラビ取りにおでかけ(留守番強制)
5月 祖母誕生日(訪問)
6月 親族誕生日(訪問)
7月 中元持参(訪問)
8月 盆&花火大会(訪問)
9月 敬老の日(訪問)
10月 祭(招待)
11月 彼岸(訪問)紅葉におでかけ
12月 年末墓参り(訪問)&年末のお買いもの

【その他】
各月の祖父の月命日に墓参り&仏壇参り(訪問)。
坊さんが来る日は訪問。
春~夏はバーベキューもあり。

年に2回は家族旅行。(私は行かないので関係ないが、1週間前に仕事なんか休んで持病を持つ犬を見とけと実家で留守番してくれと命令される←犬は大事だが母の押し付けぶりは滅茶苦茶。人の予定を考えない)

日帰り温泉旅行も年に数回。
(いつも前日などに急に決め、「仕事を休んで犬をみろ」と強制留守番命令)
記念日は場合によって増える。
(米寿とか還暦とかの祝いや○周忌とか)


この予定の度に「仕事を休め。自分達は忙しいのだから予定を合わせろ」と言ってくる。
断ると猛烈に不機嫌になる。
このご時世にバカかと。

少女漫画にありがちな迷惑な話

主人公の女(いわゆる何の取り柄もない普通の女)が、見た目はカッコいいしお金持ちだが俺様な男(実はちょっと寂しがり)に振り回される

ちょっとした恋愛関係になる

実は男の家族がなかなかの毒家族な事が発覚

主人公の女が
「家族なんだから!」
「子供を愛さない親はいない!」

とはっちゃけ。
男と毒家族の仲を取り持とうと画策

男が優しい笑顔で
「お前のおかげで家族が…。ありがとう」

やめてくれよもう。

真似するバカ女が出てこないか心配だ。


毒家族持ちにとってはっちゃけほど迷惑な事はない。

毒家族持ちの男にこれやったら即、別れられると思う。

…こんなのが多いから恋愛漫画苦手だ。
読めない。







プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR