似非平和教育

最近は日教組先生がおこなっていた平和教育という名の虐待について書いているが、

実際に私がやられたり隣のクラスや近隣の学校の子たちから聞いた狂った教育を書いてみる。

 

  

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1344.html

ここにもちらっと書いたので参考までに。 

 

 前提ルールとしては

「原爆に関する写真や映像は目を瞑ってはいけないしそらしてもいけない。泣いてもいけない。理由は被爆者に失礼だから。兎に角無表情を貫く事」

である。これを破ると先生に説教をくらう。

叩かれたりつねられたりする場合もある。  

 

 

・小1から原爆映画鑑賞(ピカドン・はだしのゲン)。絵本・被爆者の写真を見せられる。

1組は最前列というハズレ席。

ちなみに絵本は「むらさき色のピカ」とかいうタイトルで紫色が好きで絵の得意な子供が絵を描くのに紫色を多用していたが

先生にいつも悪い成績をつけられるので先生を問い詰めたら

「先生は原爆にあっていてその時の光が紫だったから紫色が嫌い」

とか先生が答えるという、正直いかがなものかという内容。 

 あとは「おこりじぞう」とか。 

 

・原爆投下日は登校日。体育館で原爆映画を見せられる。

目を瞑ってはいけないと言われ、目をそらした子は教師に激怒されたり叩かれたりつねられたりする。

(⚪⚪ちゃんが目を瞑ってました~などと生徒同士でチクらせるシステムもある。これはいじめにも利用されていた)

目の悪い子は眼鏡をこっそり外そうとするが即教師に見つけられ説教をくらう。

「夾竹桃の歌」と「ああ許すまじ原爆を」を合唱。

その後感想文を書かされるが先生の気に入らない感想を書いた子はリテイクをくらい、かつ枚数を加算される   

 

・夏休み前に被爆者の写真を廊下にベタベタ貼り付け

「昼休み間にちゃんと見るように」

と言われる。

見に行かない子はこっそりチェックされ説教をくらう。  

 

・遠足も社会見学も全部平和記念資料館。

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

↑見学はこんな感じ。

ちなみに見学後が弁当という、無茶苦茶なスケジュール。

そして

「被爆者は水を飲めなかったんだから、弁当を食べる時も平和祈念公園では水やお茶を飲んではいけない」

という謎ルールを押し付けられるクラスもある。

なので生徒は帰りのバスでガバガバお茶を飲み始める。

(別のクラスがこれやられてたがマジで可哀相だったわ…)  

 

 

そういえばいじめっ子がいじめられっ子に

被爆者の写真が載っている本を見せて追いかけ回し泣かせるという事があった。

先生にチクったら両方の子が怒られていた。

いじめられっ子が怒られた理由は被爆者の写真で泣いたことがいけないらしい。

バカかと。

  

 

日教組先生の平和教育がおかしいのは当然だが、

核兵器反対とか原爆に関する教育は日本じゃなくて核保有国にしなきゃ意味がないんじゃないの?

ダウンタウンの松ちゃんが言ってたように被害者が被害者に「あやまちは、あやまちは」って伝えていっても無理がある。

アメリカに言わなきゃ意味がない。

 

日教組先生が自己満足やエゴのために

似非平和教育で何年も私たちの時間を無駄にした事は絶対に許さない。 

こんな狂った教育、知らない人は都市伝説くらいに思ってるらしいけど

全部あった事です。 

 

「自分も公立だったけど、こんなのなかった。嘘じゃないの」

と言う人もいますが、日教組先生の吹きだまりみたいな学校(要するに飛ばされた)はこんなもんですよ。

学校によって差があります。

今なら親が学校に乗り込んでくる事案だが、親ですら

「原爆に関する教育は仕方がない」

「戦争の残酷さを知る必要がある」

って考えだから(しかも団塊世代だし)、狂った教育が当たり前だったんだよな。

 

命の大切さを教えるとやらで豚を飼って可愛がり最後は皆で食べるというやつも馬鹿教師のエゴだ。

 あれは胸糞。誰だよあれ考えた馬鹿は。

 

被爆再現人形撤去

被爆再現人形ようやく撤去か。 

最近日教組先生の平和教育について書いていたのになんてタイムリーな。

 

「あれがないと原爆の怖さが伝えられない!」

といった意見が多い。

そうか?

あれがないとわからないのか? 

実際の資料で充分わかるだろう。

そんなにも想像力がない人が多いのか。

がっかりだ。 

これ言ってる人ほど原爆の怖さをたいしてわかっていないだろ。

(まあどんな手を使っても実際の原爆の怖さは被爆者以外には絶対に伝わらない)

あんなもんお化け屋敷に飾っているマネキンのおもちゃだ(※人形職人は悪くありません)。

実際の資料に勝るものはない。

実際の資料でもわからん人は感性がどうかしてる。

 

被爆再現人形よりも被爆者の写真とか(…敬意は感じられないが)

遺髪とか爪とか

人影の壁とかの方が覚えてるけどなあ。

人形見たとき「なんだこりゃ、ふざけてんのか」って思ったもん。

位置も悪かったしわざと怖がらせてやろうかという悪意があるのかと思ったわ。

 

前にも書いたけどグロ耐性なんて人それぞれだから

平和教育で全員に無理矢理見せるもんでもない。

 

「昔原爆が落とされました。沢山の方々がお亡くなりになり

放射能による後遺症でも沢山の方々が亡くなりました。

被爆状況はそれは酷い状況でした。

あまりにも残酷な写真なので授業では控えますが興味がある人は是非調べて見てください。

平和記念資料館に行けばもっとわかるので是非行ってみてください」

とか言えば子供は(興味本意でも)調べるだろ。

子供の頃見たけど、

子供心にもあの人形は資料館をお化け屋敷のようにして

被爆者を馬鹿にしてるようにしか見えなかったけどな。   

(+人形見ないと理解できない馬鹿に合わせた展示) 

あれ見て

「うわあああ怖いいいいい」

ってお化け屋敷のノリでふざけて騒いでる馬鹿な男子もいたし。

 

 

 

そもそも撤去理由は

「あんなもんおもちゃだ。実際はあんなものじゃない」

という理由からだし(やはり被爆者はそう思っていらしたか…)

「子供が怖がるから撤去だなんて酷い!撤去するべきじゃない!」

って騒いでるアホがいる。

よく調べもせず嘘をばらまき騒ぐ方法がなんだかパヨクっぽい。 

 

そもそもソースで使われる中国新聞の記事は

「アンケートで人形が怖いという意見があった」 ➡「人形の撤去へ」とと要約されているが

実際のアンケートでは「ろう人形の展示が怖いので別の順路も作ってほしい」だったそうだ。

 なんという印象操作。

 

「子供が怖がるから撤去しろって言ってる親御さんは資料館をお化け屋敷と勘違いしていませんか?」

って意見をTwitterで見たけど(…)そっくりそのまま返したい。

トラウマを与える目的としても酷いし、

実相と違うという事でも酷い。

どちらにしても置く理由がおかしい。

お化け屋敷じゃないんだからあんな人形はとっとと撤去した方がいい。

 

平和記念資料館はあの人形があろうがなかろうが充分怖い場所だ。 

 

 

【追記】

「嫌なら見に行かなければ良い。平和記念資料館に何を求めているのか」

という意見を見つけてゲンナリした。

地元の子供は小さい頃から否応なしに強制的に連れていかれるんだよ。 

 んで怖さのあまり頭が真っ白になって思考が停止するんだよ。

毎年毎年やられて高校生の頃には

「いや、もう勘弁してください…」

となり一番知って伝えていかなきゃならない地元の人々が

原爆に関することは蓋をしちゃう。

これが正しいのか?

(ちなみに思考が停止したままパヨクになる人間も増える)

日教組先生の「いわゆる平和教育」がどれだけ残酷か知らないだろ。

夏になると公共の施設や町中に原爆展かなんかのポスター(若干グロい)がベタベタ貼られるんだ。

 

 

 

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR