FC2ブログ

これは

http://www.tanoshikoto.com/archives/52481308.html


元親父ならやる。

変態セブン

変態セブンの店長、擁護する人が多くてびっくり。
あれ、完全に病気でしょ。
汚言症とか統合失調症じゃないの?
元隣人の統失野郎も似たところあったよ。


性の喜びおじさん動画もそうだけど
鈍い人が多すぎる。
あんなもん、楽しくもないし全く笑えない。
ヘイトと言われようがなんだろうがひたすら気持ち悪い。

あれで笑える人って、こう言ってはなんだが
小学校低学年レベルの人じゃないの?
知的障害児をからかって笑ってる小学校低学年の生徒みたい。

そもそも8年も放置って、近隣の奴等は一体今まで何やってたんだ。
どうせ「警察に通報することにビビった」んだろうけど。
(田舎者は警察に通報することにびびる所がある。
「誰か通報した方がいいんじゃないの」のスタンスで
自分は絶対に通報しない)

録画した女性2名はやり方は間違えたかもしれないが(私なら録画したものはUPせず警察に通報する)
よくやった。
何が「店長気の毒」だ。
この店長に同情出来る人って一体なんなの。

日本は大好きだが
エロ罪に寛容な所は嫌い。

日村氏を叩いて変態セブン店長を擁護って
訳わからん。
今年16歳に手を出したのなら大問題だが
16年前は条例無かっただろ。

高橋ジョージも特に問題視されていなかったぞ。(今考えると恐ろしいが)











苛めっ子のInstagram

Instagramで
「娘ラブ」
「娘守る!」
「家族最高!」
と家族写真UPしてる男は
99.9%、何らかの形で虐めに加担した奴らだったりする。
(うめぢる算)

なので生温かく見守って差し上げましょう。


(全うな親なら子供の写真Instagramにあげるなんて出来ないわw)

呼んじゃう

最近ちょっとだけいつもより世間に目立つお仕事をさせていただいたのだが、
案の定というかなんというか、客から変なメールが来た。

メール内容から察するにおっさんなのだが、
マウンティング的な悪い意味で意識高い系。
文章は統失発症一歩手前。


目立つお仕事をさせていただいた後は統失系の人からメールが来る事が結構あるので
気をつけなければならない。

が、本音を言えばかなり面倒臭い。

お前らなんか家にこもって村上春樹でも読んでろやあ!って返信しそうになる。









苛めっ子のその後(胸糞注意)

以前書いた記事。

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html



「小6の時に女子のお腹を殴り『変な音がしたのでもう一度殴ろう』と言って再度殴って肋骨にひびを入れさせ、
小5~中2に女子に自殺命令などを出したりして(上とは別の女子)
転校まで追い込み、気の弱い男子を裸にしていじめていた、私の人生最大のドクズ」
が図々しくもインスタに顔出し。

地元の仲間!飲み会!肉!の連続である。

まあ今見たら典型的ADHDのDV池沼顔なんだけど

見つけてすぐ
「このバカ、5ちゃんねるとTwitterに画像あげて経歴付けて拡散してやろうか」
とすら思ったわ。(流石にやりませんがね)

一緒に写っている奴等にすら
『バカじゃねーのお前ら皆死んじゃえばいいのに』
と思った。



こういうの見たらやっぱり泣き寝入りはイカン。



女子二人と被害者の男子の親は警察沙汰にすべきだったと思う。
「何でこの人たちの親はこいつの親に泣きつかれたくらいで警察沙汰にしなかったんだ?」
と見ていてイライラしていた。

私はかなりやり返していた上(過剰防衛気味だったが)
「畜生、もう少しやってくれたら即警察沙汰にしてやるのに」
というレベルだった。

自殺しようとしている人はその足で警察に行き、
前科なり前歴なりなんなり付けさせて
苛めっ子の人生を是非ともズタズタにしていただきたい。





ある女の黒歴史

私は小中高の同級生の黒歴史を忘れられない、
それはもうしつこい嫌な女である。

元友人に、典型的自己愛の女がいた。

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
以前「自己愛に育てられると」にも書いたM.Iと言う女である。

過去記事からコピペするとこんな人だ。

●小学校 3年からのMI
こいつはもう完全に自己愛。
近隣でも有名な金持ちの土地持ち。
やっぱり「他の子と仲良くしないで!」
。その割には私を仲間外れにしたりとそりゃもう大忙し。
何故か私と仲が良かった男友達を好きになる事が多く(知ってるだけで3人)
そのせいで被害も拡大する事が多い。
ちなみに好かれた男友達はストレス性急性胃腸炎になるほど付きまとわれエライ目にあっていた。
現在は親が買ってくれたマンションに男と居住。無職らしい(こいつのフレネミー情報)


このM.I、矢沢あい氏の
「天使なんかじゃない」という漫画に心酔していた。
私の幼なじみの男友達に中学生の時に惚れてしまい、
「天ないのミドリとアキラみたいなカップルになりたいよー!」
と日々喚いていた。
私は天使なんかじゃないを読んだことがなく、
当時読んでいた漫画はつのだじろう・成毛厚子・新井理恵・田村由美・吉田秋生に、今日から俺は!に週刊少年ジャンプ、ミステリーボニータやGOLDである。
りぼんはちびまる子ちゃんしか読んでいない。

全くわからないので適当にふーん、とうなずいていた。


そして昨日、さくらももこさん関連を調べているときに、矢沢あい氏に及んだ際
「天使なんかじゃない」の概要を初めて知った。

アキラとやらのキャラクターが衝撃。

M.Iはアキラとかいう人物を私の幼なじみの男友達にあてはめキャーキャー言っていたが
あの男は当時お笑い芸人にはまっていたし、
得意技は保毛田保毛男の物真似である。
女の子にあんなコジャレた台詞は恋愛しても言わないだろう、絶対。
(あんな流暢にコジャレた台詞をはく男子学生がいたら是非ともお目にかかりたいもんだ)
一体彼の何を好きになったのだろうか。

M.Iが美術を勉強したいと芸術系大学に入ったのも主人公の影響だったのかと、初めて気がついた。


無職らしいけど。


私は体調不良で学校自体がダメだった為、
芸術系の勉強が出来なかったが
(何度もM.Iにpgrされた)
それ系の職場で手下(笑)として働かせていただき
独学で手当たり次第勉強し、
結局は作り手としてフリーランスの今の仕事になった。


そういえば美術系の奴らは学生時代
「うめぢるちゃんは音楽やればいいのに何でわざわざこちら側に来るわけ?」
と嫌な感じでpgrしてくれていたが
pgrしてきた奴で仕事になっている奴は全くいない。


人間、わからないもんである。


矢沢あい氏の漫画は私が読んだことがあるのは
下弦の月とパラダイスキスとNANAだけである。









「何かあったら相談して」と言う人

私の経験上
「何かあったら相談して」
と簡単に言う人は
頼りないし使えないし危機管理能力はゼロ。

この台詞を吐く奴は信用してはいけない。

まともな人はこの台詞の重さを知っているので
簡単にはこんなこと言わない。

この顔の女に気をつけろ

子供の頃から現在に至るまで
精神障害者やら人格障害者を数多く見てきた。

そんな私が思う「ちょっと気をつけた方がいい女」の顔について書く。

申し訳ないが、このタイプは精神障害者にあたるのか人格障害者にあたるのかは不明だが
「ちょっと気をつけた方がいい女」とは
精神障害者や人格障害者、もしくは嫌な相手と戦っている際、
「私はサバサバ系で中立だから」
と中立を装っている癖に、
的外れな言動やどっちつかずの態度をみせ、
あっちについたりこちらについたり
結局は皆に嫌われるのが怖くて
最終的に一番ひっかきまわしていくクソ女をさす。


ずばり目が離れている魚顔の女。


映画アバターのような顔をした女だ。

何故かこの顔の持ち主は揃いも揃ってクズ揃いである。




新体操のパワハラのやつ3

コーチが記者会見。

ほら見ろ、登場人物が皆おかしいじゃないか。
髪の毛持って引きずり回して尻キックなんて頭おかしいわ。

どーせコーチも世間が味方につき始めたから記者会見したんだろーよ。
選手の調子に乗ってしまった感もある。


選手も小学生の頃から習ってりゃ麻痺する。
こんなこと許してた選手の親も頭おかしいわ。
「コーチはあなたの為を思って云々」とか
変な叱咤してたんじゃないの?

この選手もコーチにちょっとした憧れや恋愛感情が
あったんじゃないかと思う。


私の嫌いな「体育会系」の世界が全部凝縮されてる。

選手もコーチも選手の家族も協会もみんな気持ち悪いわ。

平手打ち動画も出てきて、ようやく共依存説や
コーチも選手も協会も皆おかしいって意見が出てきた。
殴り方が下手くそで躊躇が無い。
完全にDVじゃん。


世間の遅さにイラつくわ。

協力…

<脱・ワンオペ育児>…父親の子育て、何から協力すればいいのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010000-yomidr-soci


「協力」という発想が既にアウト。
「手伝う」って発想もアウトだが。


てめえの子供だろうが。
子供を妻の付属物として見てるんだろうな。

「男は不器用だから」とか
「やっぱり母親じゃないと」とか
言い訳すんな。

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR