FC2ブログ

元親父はいつまでも病人のフリをする

元親父が大腸がんになった話は何度かここでも書いている。
大腸がんは大変な病気なのはわかる。
しかしこいつは、9年くらい前にがんの手術をした際に
医者・看護師・身内が看病や心配云々で
「病人は得」になると自己愛的ナナメ学習してしまった。

普通の「自分が元気だから体が弱い人の気持ちがわからないバカ(失敬)」は
大病をすると、克服後は体が弱い人の気持ちがわかり優しくなるが
自己愛は違う。

「俺様は大病をしたんだ。もっともっと看病しろ俺様の面倒を見ろ」

と克服後も延々と自己愛をこじらせる。


元親父は手術や抗がん剤治療で注射・点滴の為に
皮膚の下に埋め込んで薬剤を投与するために使用する
「CVポート」なるものを体内に入れていた。

これはまあ、治療が終わったら取り外すものらしいが(元親父の場合は、です)
ずっと入れっぱなし。
医者に「外したほうが...」と言われても入れっぱなし。

そしてそれをしていることを
「いやぁ~こんな体になっちゃって」

会う人すべてに自慢げに話す。
そして同情してもらってご満悦。

そして車の運転をするときも
「これをしているからシートベルトができない」
などという。
警察にも言えるように障害手帳(これはストーマーのため)準備済。...悪用してんじゃねーよ。

5年検診が終了して再発がないにも関わらず
その後も延々と体内に入れっぱなしだった。



しかしあるとき、医者が切れた。

「いい加減、出さないと癒着しますよっっ!!」

んでようやく摘出。

しかしアレ、そんなに入れときたいもんか?

ググったら
「早く外したい、なんとかなりませんか?」
ってがん患者さんが大半だぞ?

あんなもん体内に入れてまでかまってほしい&病人特権を振りかざしたいって相当な脳構造の持ち主だぞ?
(つーか、CTは撮らなかったんだろうか...?いやマジで)

すべてのがん患者に謝罪しろ。




にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・ 機能不全家族へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR