似非平和教育

最近は日教組先生がおこなっていた平和教育という名の虐待について書いているが、

実際に私がやられたり隣のクラスや近隣の学校の子たちから聞いた狂った教育を書いてみる。

 

  

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1344.html

ここにもちらっと書いたので参考までに。 

 

 前提ルールとしては

「原爆に関する写真や映像は目を瞑ってはいけないしそらしてもいけない。泣いてもいけない。理由は被爆者に失礼だから。兎に角無表情を貫く事」

である。これを破ると先生に説教をくらう。

叩かれたりつねられたりする場合もある。  

 

 

・小1から原爆映画鑑賞(ピカドン・はだしのゲン)。絵本・被爆者の写真を見せられる。

1組は最前列というハズレ席。

ちなみに絵本は「むらさき色のピカ」とかいうタイトルで紫色が好きで絵の得意な子供が絵を描くのに紫色を多用していたが

先生にいつも悪い成績をつけられるので先生を問い詰めたら

「先生は原爆にあっていてその時の光が紫だったから紫色が嫌い」

とか先生が答えるという、正直いかがなものかという内容。 

 あとは「おこりじぞう」とか。 

 

・原爆投下日は登校日。体育館で原爆映画を見せられる。

目を瞑ってはいけないと言われ、目をそらした子は教師に激怒されたり叩かれたりつねられたりする。

(⚪⚪ちゃんが目を瞑ってました~などと生徒同士でチクらせるシステムもある。これはいじめにも利用されていた)

目の悪い子は眼鏡をこっそり外そうとするが即教師に見つけられ説教をくらう。

「夾竹桃の歌」と「ああ許すまじ原爆を」を合唱。

その後感想文を書かされるが先生の気に入らない感想を書いた子はリテイクをくらい、かつ枚数を加算される   

 

・夏休み前に被爆者の写真を廊下にベタベタ貼り付け

「昼休み間にちゃんと見るように」

と言われる。

見に行かない子はこっそりチェックされ説教をくらう。  

 

・遠足も社会見学も全部平和記念資料館。

http://morajiru.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html

↑見学はこんな感じ。

ちなみに見学後が弁当という、無茶苦茶なスケジュール。

そして

「被爆者は水を飲めなかったんだから、弁当を食べる時も平和祈念公園では水やお茶を飲んではいけない」

という謎ルールを押し付けられるクラスもある。

なので生徒は帰りのバスでガバガバお茶を飲み始める。

(別のクラスがこれやられてたがマジで可哀相だったわ…)  

 

 

そういえばいじめっ子がいじめられっ子に

被爆者の写真が載っている本を見せて追いかけ回し泣かせるという事があった。

先生にチクったら両方の子が怒られていた。

いじめられっ子が怒られた理由は被爆者の写真で泣いたことがいけないらしい。

バカかと。

  

 

日教組先生の平和教育がおかしいのは当然だが、

核兵器反対とか原爆に関する教育は日本じゃなくて核保有国にしなきゃ意味がないんじゃないの?

ダウンタウンの松ちゃんが言ってたように被害者が被害者に「あやまちは、あやまちは」って伝えていっても無理がある。

アメリカに言わなきゃ意味がない。

 

日教組先生が自己満足やエゴのために

似非平和教育で何年も私たちの時間を無駄にした事は絶対に許さない。 

こんな狂った教育、知らない人は都市伝説くらいに思ってるらしいけど

全部あった事です。 

 

「自分も公立だったけど、こんなのなかった。嘘じゃないの」

と言う人もいますが、日教組先生の吹きだまりみたいな学校(要するに飛ばされた)はこんなもんですよ。

学校によって差があります。

今なら親が学校に乗り込んでくる事案だが、親ですら

「原爆に関する教育は仕方がない」

「戦争の残酷さを知る必要がある」

って考えだから(しかも団塊世代だし)、狂った教育が当たり前だったんだよな。

 

命の大切さを教えるとやらで豚を飼って可愛がり最後は皆で食べるというやつも馬鹿教師のエゴだ。

 あれは胸糞。誰だよあれ考えた馬鹿は。

 

プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR