モラハラ被害者のままで居続ける人はチャンスをやたらと逃す

モラハラ被害者とわかったのに身動きが取れずにいる人を何人か見てきたが、
このような人を見ていると
『何故ここまでチャンスを逃してしまうのか….』
と思ってしまう事がある。

逃げるチャンスは山ほどあるのに、
本当に見えてないのか、あえて見ないようにしているのか、
臭いものに蓋だけして元をたたない。

「あーあ、付き合う前に店員に偉そうな所見てたでしょ?」

「あーあ、結婚前にはもう意味不明な変な喧嘩(?)あったでしょ?」

「あーあ、子供が出来たからって旦那はそんなに変わらないよ?子供が生まれたら子供に嫉妬するよ?『これで自分のこと見てくれない』とか、
そんなバカ旦那は思っちゃうよ?」

「あーあ、家建てるとか本当?財産分与面倒になるのに…」

「え?子供が一本立ちしたら別れる?あーあ、年をとればとるほど自分で稼ぐ力が無くなっていくのになあ」


とこんな感じ。何故こうもチャンスを掴めないのか。チャンスを掴めないにしても程がある。

ただ最近は

「逃げる気のないモラハラ被害者に逃げろ、というのは
痩せる気のないデブにダイエットをしろ、というくらい無駄」

と思っちゃう。
結局本人の逃げる覚悟が足らないんだと思う。

またデブネタになってしまった(笑)。



誰かプロの作家が新型モラハラ被害者について、書いてくれないかなあ。

批判覚悟ですが(て言ってもコメント欄ここ開けてない・笑)
愚痴と言い訳ばっか言って逃げる気のない「被害者」とは、正直一緒にして欲しくない。

逃げる気のない被害者も私なんかとは一緒にして欲しくないでしょうし。

「あんたみたいな奴こそ被害者じゃないでしょー!プギャー!被害者の気持ちがわからないなんて!」

とか言われそう&思われてそうだし(笑)。



逃げる気が無いんなら「モラハラ」って言葉の意味ないでしょう。


ずっと一緒にいるのに錦の御旗みたく
「モラハラ」って言葉だけ使ってもなあ。



モラハラ加害者と一緒にいる、と決めたんならグズグズ言う必要性はあるのか?と個人的に思う。

決めたのは自分の責任。
自分で決めたのならいい年こいてグダクダいうのはカッコ悪い。

ネットでいう「デモデモダッテ」ちゃんと一緒。

もっと言うとモラハラ加害者といるのは
一番カッコ悪いけどさあ。
(と書くとカッコいい悪いの問題じゃない!とか言われるんだよな…なんか最近の自称被害者に対しても人格障害者相手に話してる気分になるわw)

あ。もちろん「モラハラ」という言葉を知らないで一緒にいる人は別ですよ。
だって知らないんだもん。仕方ないわ。

そして「(近い未来でも)私は絶対に加害者から逃げる!」と決めた方々は
私はネットでも(笑)全力で応援します。
頑張って下さい。



しかしなんでこう、筋の通ってない人が多いんだ…。疲れる。


にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・ 機能不全家族へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR