親が離婚後の心境

300回記念。
ウホっ!早っ!
本当にいつネタ切れになるんだよこれ。
先は長いかも。

300回記念はこれ。
親が離婚後の心境について。


親が60才前半で離婚し元親父が実家をグズグズながらに出ていった。

私は何か「元親父を追い出した罪悪感」みたいなものを感じるかなーと思っていたのだが
正直な所何も感じなかった(笑)。単純に楽になっただけ。
ああ、やっぱり私は元親父が本当にどうでもよかったのか、と変な実感はした(笑)。

元親父の方は
「人を追い出すような事をしやがって!」
とか罪悪感を植えつけようとしたのか、実際そう言ってたらしいがw
モラハラって気づいたし
洗脳も解けてるから変な罪悪感なんか正直無い(笑)。
私も出来れば罪悪感を感じたかったが無理だった(笑)。


まあ離婚しろと薦めていたのは姉&甥&私だったのもあるが、
なにも感じないというのはちょっと自分でもびっくりした(笑)。
なんてヒドイ奴だ私は?と思っていたら
姉は
「罪悪感感じるとは全く予測してなかった。思った通り」
だそうだ。

●人格障害者の末路は悲惨だな
●因果応報怖え
●ちゃんと今までの人生、人のアドバイス聞いておけばここまでにはならなかったのに

等と他人事のような感覚はあった。


「あの年で離婚だなんて…元親父は可哀想よねえ。家事とかどうするのかね?」

などと知ったか顔で母に言ってくる実家近所の外野ジジババもいるらしいが
そんなに可哀想なら是非あんたらが世話してやってください、と思う(笑)。
やれるもんならやってみろ。


元親父の世話は常人では一時間ももたないと思う(笑)。

「もう年だから家事を覚える事が出来ない」
「もうこの年になって一人で暮らすなんてうんたらかんたら」

などという言い訳を50歳~団塊の奴らがよくするが
あれは一体何なのだろう?
戦前の方々&戦争経験者の方がしっかりしていらっしゃる気がする。
あの世代はなんであんなにも言い訳が多いんだろ?
何もかも人にやってもらおうと必死である。
出来ないなら出来ないで低姿勢で頼めばいいものを
変なプライドだけはあるのか常に上から目線だし、
非常にたちが悪い。


とうとう人の心も無くなったかしらん?と思っていたのだが
数日前、犬の散歩をしていたら駐車場で車の窓から見ず知らずの赤ちゃんが這い出て来た。
チャイルドロックをしていなかったらしい(←おいっ)。

「うわあああ!」

と赤ちゃん支えようと咄嗟に体が動いたが車中の人がしっかり赤ちゃん持ってた。

ああ良かった、まだ多少の人心は残ってたわ(笑)。
赤ちゃん!ありがう!(谷村調)


「親が死んでからじゃ遅い」
とかしたり顔で説教してくる
脳ミソお花畑平和脳の輩もいるが知らない。

例えば元親父が命の危機があったとして
元親父親族お節介二人組が無理矢理我々に凸してきても知らない。
もう関わりたくない。

自己愛菌がうつるし
モラハラ加害者や自己愛と一緒にいるのは
私はなにより恥ずかしい。



にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・ 機能不全家族へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
34位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR