FC2ブログ

モラ婆さんちの火事の怖い話

私が小学生の時に、じいちゃんとモラ婆さんが住んでいたアパート。
同じアパート内に住んでいた統失の男が火をつけて火事になった。
命は助かったが統失の男は死亡。男は
「燃えろー燃えろー」
とずっと言っていたらしい。
この時私たちは冬休み旅行中で、携帯もない時代、うめぢる一家が聞いたのは旅行から帰ってきてからだった。

火事は新聞にも出たが死んだ男の名前は出てないので「やっぱりそういう人って名前は出ないんだ」と思った。

じいちゃんとモラ婆さんは娘(元親父の妹)の所に電話しようとしたが、火事のショックで電話番号が思い出せず、
末っ子オバマ(元親父の弟)の電話番号だけ思いだし、電話。
モラ婆さんはオバマは溺愛しているが、オバマの嫁(こいつも後に統失発症)が大嫌いなので、絶対に身を寄せたく無かったらしい。

真冬の中、素足のじいちゃんとモラ婆さんを
オバマは車に乗せて自分の家に連れてきたら
オバマの嫁登場。
「まあ~お義母さん~大変ですね」
オバマの嫁はパジャマ姿で完全にさっきまで寝ていた様子。
モラ婆さんはキレたそうだが、今から世話になるし、ちょっといつもより大人しくしてたそう。

翌々日、モラ婆さんとじいちゃんに会いに行った。
元気そうで安心したが、さすが自己愛一族、
オバマを筆頭に
「火事現場を見に行こう」
と言い出した。

はあっ?精神病んで火をつけた奴が死んだ場所なんて絶っ対に嫌!

私に止める術もなく行く羽目に。

着いたが、祖父母が住んでいたアパートととはいえ、何か見てはいけない場所を見る気がして、
私は車から降りずにお守り握って(何故か学問のやつ)待っていた。

するとオバマが私を呼びに来た。

「うめぢるちゃん、皆で死んだ人の部屋見に行くから行こう」

はあっ!?あんた正気か?なんというサイコ!
さすがにサイコ娘を育てた親っ!

私は昔からホラー好きで今でも殺人本を山程読むが、そんなリアルな現場は絶対に嫌だ。
それは今も昔も変わらない。


「絶対に行かない」

私は無表情で言うとオバマは

「怖がりだね」
と言って引き下がった。

暫くすると母が帰ってきた。

「途中まで行ったがやっぱり見るの止めた」

ちなみに姉は着いていってしまい、死んだ男のベッドを見ないようにしたが
見てしまったらしい。

こんな一族と縁が切れて本当に良かった。

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


DV・モラハラ ブログランキングへ
プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR