中1殺人のコメント

加害者の親父のコメントはいちいちつっこみを入れなくてもわかりやすい馬鹿馬鹿しいコメントなのでスルーする。

私が気になるのは被害者の母親のコメントだ。

なんか被害者の母親のコメント見て
「涙した」
「被害者も被害者の母親可哀想」
とかなんとか言ってる人がいるみたいだが、
アレはなんか違和感のあるコメントのような気がする。

以下コメント全文
 
「本日、遼太の通夜を執り行うことができました。

 優しい顔で寝ている遼太の姿を見ると、本当に遼太が死んでしまったのか分からなくなります。

 今にも起き上がって「母さん、母さん、お腹すいた」と言うのではないだろうか。台所にいると、「ただいま」と元気な声が聞こえ、帰ってくるのではないかと思ってしまいます。

 寝ている遼太に声をかけても、遼太が私を「母さん」と呼ぶことも、話すこともできなくなってしまったことが悲しくてたまりません。

 遼太は、本当に明るくて優しい子で、友達が多く、まわりの大人たちにもとても大事にされてきました。

 中学校1年生で、まだまだあどけなく、甘えてくることもありましたが、仕事が忙しかった私に代わって、進んで下の兄弟たちの面倒を見てくれました。

 私自身、仕事や家事に疲れた時、何度も何度も遼太の姿に励まされることがありました。学校を休みがちになってからも、長い間休んでいると、きっかけがないと学校に行きづらくなるから、早く登校するように話してきました。ただ、遼太が学校に行くよりも前に私が出勤しなければならず、また、遅い時間に帰宅するので、遼太が日中、何をしているのか十分に把握することができていませんでした。

 家の中ではいたって元気であったため、私も学校に行かない理由を十分な時間をとって話し合うことができませんでした。

 今思えば、遼太は、私や家族に心配や迷惑をかけまいと、必死に平静を装っていたのだと思います。

 事件の日の夜、一度は外に出かけようとするのを止めることができたのだから、あの時、もっともっと強く止めていれば、こんなことにはならなかったとずっと考えています。顔や体のひどい傷を見て、どれほど怖かっただろうか、どれほど痛かったかと思うと涙が止まりません。小さな遼太に、このようにむごく、残忍なことを行える人間が存在することが信じられません。

 犯人が逮捕されましたが、遼太が帰ってくるわけではなく、犯人に対して何も考えることはできません。

 最後になりましたが、遼太のために河川敷に献花して下さった皆様、また、昼夜問わず捜査に尽力いただいている警察関係者の方に、厚く御礼と感謝申し上げます。


赤字が私が変に思った所…
台所って…
子供より早い時間に出勤し、
遅い時間に帰宅するのに
「台所に立っていると『母さんただいま』」

…え?

目に青タンつくったり、
子供が帰って来なくなり
「捜索願いを出せ」
と担任に言われても放置する
その神経がわからん。

ちなみに祖父母も同居と記事で読みましたが、
平和ボケの大人が揃うと誰もなにも気がつかない。
無知と平和ボケは大罪じゃないかと思う。

『面倒な事』は自動的に目と耳と脳がシャットダウンする人なんだと思う。

元母親もそうだった。

元親父にいびられていたり、私の私物を投げたり蹴ったりしている様を目の前で見てるのに
『気がつかなかった』
『見てなかった』
『聞こえなかった』
『私その場にいたっけ?その場にいたらアタシ止めるし、あんたの記憶違いでその場にいなかったんじゃない?』
だもんなー。

こういう脳に障害があるとしか思えない人は結構いる。



プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR