モラハラ加害者に『選ばれた』理由を考える

モラハラ加害者は被害者になりやすい人を無意識に選んでいる。

被害者になりやすいタイプは何度も書いてるし
他のサイト様でも充分書かれているので割愛するが(被害者の性質を美化し過ぎた記載もあるけどな…サブイボ)、
簡単に言うともれなく『機能不全家族』で育った人。
いわゆる『普通の健全な家庭』に育った人はほとんど被害者には選ばれない。

普通の健全な家庭育ちの人をモラハラ加害者は怯える事すらある。
モラハラ加害者も機能不全家族育ちが多いからだと思う。

連鎖を断ち切るには『自分は普通じゃない家庭に育った』と認めて自覚する事が大事。

元母親も私から見れば
『ちょっと母の実家の対応や、やり方ってどうよ?』
と思うことが山ほどあったのだが、
元母親は自分の実家が大好きで
祖母命であり
『私は結婚するまで揉め事なんかなかった!』
『結婚してから揉め事ばっかり!』
『反抗期もなかったし(母の)弟もなかった!反抗期がある人がおかしい!』(←…)
『心配かけたらお母ちゃん(祖母)が可哀想!』(←元母親の口癖。私が人生で一番聞いていた母の言葉がコレ(笑)。
最後に聞いた言葉もこれだった)

と度々言っていた。

元母親も元母親の弟も精神的に全く自立している感じがなく
家族でベタベタと依存しあい
何かにつけて『お母ちゃんお母ちゃん』である。

元母親は『自分の実家にも問題がある』ということを全く認めようとしなかったため
折角元親父と離婚してもおかしな人にばかり目をつけられていた。
そして問題が起きても自分でケツを拭く能力もないため、
ケツを私や姉にもってきていた。

自覚しないといつまでたっても被害者の立ち位置からは抜けられないのである。

元母親&元母親一族と絶縁になり
元母親が大好きな実家の人たちと依存しあって
それが異常な事に気がつかないで、それで幸せなら
需要と供給が一致しているので、
私は全く関係ないのでどうでもいい。

…といっても元母親も、
自分の実家がアレな事に薄々気がついてたみたいなんだけど認めるのが本当に怖いみたいだったなー。

まあどうせ、実家の人々にべったりしてたら薄々気がついていた事にもフタしてしまい
以前にまして更におかしくなっている事だろうな。


くわばらくわばら。




プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR