毒親のアレルギー理解のなさ

姉の子供(甥)はアレルギー持ちである。
アレルギー物質に反応するとくしゃみが止まらなくなり顔が真っ赤になり腫れ上がるため薬も普段から常備している。

昔まだ元父母が結婚していた頃、
姉は仕事のときに子供を預けに来ていた。(私は別土地に一人暮らし)

当時実家で飼っていた犬(今とは別の犬)の具合があまり良くなく私も週一にどうにか帰っていた。
ここまでが前提。

私が実家に帰ると姉の子が来ていた。
仏壇に使っている線香でアレルギーが出はじめた。顔が真っ赤になって腫れている。

「ああ、可哀想にねえ~」
と母は姉の子に頓服薬を飲ませた。

その翌週、私が帰ると姉の子が来ていた。
そして先週と同じ線香を炊いた為またアレルギーが出た。
また母は
「まあ可哀想にねえ~」
と頓服薬を出した。

「ちょっと待て。
先週もそれ使って頓服薬飲ませてたよね?
なんで甥がアレルギーが出る線香をわざわざ使うの?それ使わなきゃならない理由でもあるの?」


と私が突っ込むと母はアワアワ。
元親父は何故か私を睨み上げる。
母はアワアワ言いながら
「いやだって大丈夫かと思ったし…まだ線香あるし…」
「もったいない」と言いかけて止めた。

私ブチリ。
「アレルギー体質の人にアレルギー物質ばらまくと下手すりゃアナフィラキシーショック起こして死ぬわっ!」
と言ったら
「大袈裟な…」みたいな顔をしていた。

その数年後、先代の犬が亡くなり今の犬が来た。
今の犬は何度もここでも書いているが
保存料や添加物アレルギーからくる炎症性腸炎の犬。
子犬の頃はアナフィラキシーショックを起こしては注射して無事生還、今は除去食で元気に暮らしている。

さらにその後父母が離婚し、姉は仕事のときに母に子供を預けていた。
そしてまたしても姉の子供が来ているときに
線香やアレルギー物質を含むスプレーやらを大量に使用しているのを私は目撃した。

「何度言ったら止めるの?犬がアレルギーでアナフィラキシーショック起こしてるの目の前で見てアナフィラキシーショックがどんなものか知ってるでしょ?
まだ甥の前でそれ使うの?」


とキレていうと母は
「だって何買ったらアレルギー出ないかわからないもん!」
と逆ギレ。
なので
「んなもん姉ちゃんに言って甥にあうやつ買ってきてもらえばいいじゃん!」
と言い返すと
「だってこれ安いんだもん!買いだめしてるからまだいっぱいあるんだもん!」

…母はこういう人だ。


私が幼い頃からシャンプーで頭皮アレルギーを起こし頭皮が血まみれになろうが
「シャンプーを変更すると元親父が怒り出すから」
と私をイケニエにし
いくらいっても医者に言われてもアレルギー専用シャンプーすら買ってもらえなかった。
医者は母に
「なんでこんなになるまで放っておいた!」
とキレまくったが母は
「あの先生、怒ってヒドイ!キツい!あたしだって頑張ったのに!」
と言っていた(なんなのこの姫体質…)。
おかげで未だに私の頭皮は毛根が死んで所々ポツポツとハゲている。(目立たないので大丈夫)
これを全て「元親父がうるさかったからうめぢるはアレルギーがひどくなった」
と全て元親父のせいにして周囲に吹聴している。


(※姉は自分が預けている間の事をしらなかった模様。甥も特に言わなかったそうな)





プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR