神戸殺傷事件の元少年Aについて3

『身内を殺されたら本の出版を許すか?』
と言う人もいるが、私は『敵』が何を考えたか知りたいから恐らく読んでしまう。
私はひどいやつだし、
本当にひどい考えだと思うが私は『敵』の考えは知りたい方だ。


んで直接会って謝罪なんか絶対いらない。
自分が相手を殺しそうだ。

隣人の気違いが『謝罪したい』とか言ってきてもお断りだ。

何度も書くが私は元少年Aを擁護する気は全くない。

元少年Aはとんでもない奴だがそれ以上に
元少年Aの周囲にいた大人達が揃いも揃ってバカばっかりだったのだ。
逮捕前も逮捕後も。
しかも周囲にわかりにくいバカなのでタチが悪い。



あんなにもわかりやすい予兆があったというのに。
子供をなめくさっている。
とっとと事件が起きる前に措置入院でもしておけばよかったのだ。
(両親とも引き離せるし)

『お母さん、息子さんをちゃんと見てください』
といった所でこのオカンがアホなら話にならないのだ。

元少年Aにすれば、両親に対して
『こいつら何を言ってるんだ?
息子である俺が人殺したってのに、
ふつーじゃねえわ』
と思っていたんじゃないかと思う。

あの元少年Aの親が書いた本だが、
よくもまあ、あんなにも壊れた文章が書けるものだと思った。

光市母子殺害の被害者の親族の方が仰る事はよくわかるんだけど…(以下自粛)。


プロフィール

うめぢる

Author:うめぢる
うめぢる一家のモラハラ記録。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR